Amazon EC2 ホストにファイルゲートウェイをデプロイする - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EC2 ホストにファイルゲートウェイをデプロイする

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスでファイルゲートウェイをデプロイしてアクティブ化できます。ファイルゲートウェイ Amazon マシンイメージ (AMI) は、コミュニティ AMI として利用できます。

Amazon EC2 インスタンスにゲートウェイをデプロイするには

  1. [ホストプラットフォームの選択] ページで、[Amazon EC2] を選択します。

  2. [インスタンスの起動] を選択して、ストレージゲートウェイ EC2 AMI を起動します。インスタンスタイプを選択できる Amazon EC2 コンソールにリダイレクトされます。

  3. リポジトリの []ステップ 2: インスタンスタイプの選択[] ページで、インスタンスのハードウェア構成を選択します。Storage Gateway は、特定の最小限の要件を満たしているインスタンスタイプでサポートされます。ゲートウェイが正しく機能するための最小要件を満たしている、m4.xlarge インスタンスタイプから始めることをお勧めします。詳細については、「オンプレミス VM のハードウェア要件」を参照してください。

    必要に応じて、起動後のインスタンスのサイズ変更を行うことができます。詳細については、「」を参照してください。インスタンスのサイズ変更Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

    注記

    特定のインスタンスタイプ (特に i3 EC2) では、NVMe SSD ディスクを使用します。これは、ファイルゲートウェイを起動または停止するときに問題を引き起こす可能性があります。たとえば、キャッシュからデータを失う可能性があります。のモニタリングCachePercentDirtyAmazon CloudWatch メトリクスを作成し、パラメータがの場合に限り、システムを開始または停止してください。0。ゲートウェイのメトリクスのモニタリングの詳細については、「」を参照してください。Storage Gateway のメトリクスとディメンションの CloudWatch ドキュメントを参照してください。Amazon EC2 インスタンスタイプの要件の詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 インスタンスタイプの要件

  4. [Next: (次へ:)] を選択します インスタンスの詳細の設定

  5. リポジトリの []ステップ 3: インスタンスの詳細の設定[] ページで、[] の値を選択します。パブリック IP の自動割り当て。インスタンスをパブリックインターネットからアクセス可能にする場合は、[自動割り当てパブリック IP] が [有効化] に設定されていることを確認します。インターネットからインスタンスにアクセス可能にしない場合は、[自動割り当てパブリック IP] で [無効化] を選択します。

  6. を使用する場合IAM ロール] で、AWS Identity and Access Managementゲートウェイに使用する (IAM) ロールです。

  7. [Next: (次へ:)] を選択します ストレージの追加

  8. リポジトリの []ステップ 4: ストレージの追加] ページで、[新しいボリュームの追加ファイルゲートウェイインスタンスにストレージを追加します。キャッシュストレージ用に設定する Amazon EBS ボリュームが少なくとも 1 つ必要です。

    次の表は、デプロイされるゲートウェイのローカルディスクストレージの推奨サイズを示しています。

    ゲートウェイタイプ キャッシュ (最小) キャッシュ (最大) アップロードバッファ(最小) アップロードバッファ(最大) その他の必要なローカルディスク
    ファイルゲートウェイ 150 64 TiB
    キャッシュボリュームゲートウェイ 150 64 TiB 150

    2 TiB

    保管型ボリュームゲートウェイ 150

    2 TiB

    1 つ以上の 1 つまたは複数の
    テープゲートウェイ 150 64 TiB 150 2 TiB
    注記

    最大容量まで、キャッシュとアップロードバッファ用に 1 つ以上のローカルドライブを設定できます。

    既存のゲートウェイにキャッシュやアップロードバッファを追加する場合、ホスト (ハイパーバイザーまたは Amazon EC2 インスタンス) に新しいディスクを作成することが重要です。ディスクがキャッシュやアップロードバッファとして割り当て済みである場合は、既存のディスクサイズを変更しないでください。

  9. リポジトリの []ステップ 5: タグの追加[] ページで、オプションのタグをインスタンスに追加できます。続いて、[次へ] を選択します。セキュリティグループの設定

  10. リポジトリの []ステップ 6: セキュリティグループの設定ページで、インスタンスに到達するための特定のトラフィックにファイアウォールのルールを追加します。新しいセキュリティグループを作成することも、既存のセキュリティグループを選択することもできます。

    重要

    NFS クライアントでは、Storage Gateway のアクティベーションと Secure Shell (SSH) のアクセスポートに加えて、追加のポートへのアクセスが必要です。詳細については、「ネットワークとファイアウォールの要件」を参照してください。

  11. [確認と作成] を選択して設定を確認します。

  12. リポジトリの []ステップ 7: インスタンス作成の確認] ページで、[を起動する

  13. [Select an existing key pair or create a new key pair] ダイアログボックスで、[既存のキーペアの選択] を選択し、セットアップ時に作成したキーペアを選択します。準備ができたら、確認ボックスを選択してから、[インスタンスの作成] を選択します。

    確認ページに、インスタンスが起動中であることが示されます。

  14. [View Instances] を選択して確認ページを閉じ、コンソールに戻ります。[Instances] 画面でインスタンスのステータスを表示できます。インスタンスはすぐに起動します。インスタンスを起動した直後のステータスは [pending (保留中)] です。インスタンスが開始されると、ステータスは running に変わり、インスタンスはパブリック DNS 名を取得します

  15. インスタンスを選択し、[] でパブリック IP アドレスを書き留めます。説明タグに移動し、ゲートウェイへのConnectページをクリックして Storage Gateway の設定を続行します。

ファイルゲートウェイの起動に使用する AMI ID を確認するには、Storage Gateway コンソールを使用するか、AWS Systems Managerパラメータストアです。

AMI ID を確認するには

  1. にサインインします。AWS Management Consoleに移動して、Storage Gateway コンソール (https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home

  2. [ゲートウェイの作成]、[ファイルゲートウェイ] の順に選択してから、[次へ] をクリックします。

  3. [Choose host platform] ページで、[Amazon EC2] を選択します。

  4. 選択インスタンスを起動するStorage Gateway EC2 AMI を起動します。EC2 コミュニティ AMI ページにリダイレクトされ、ページの AMI ID が表示されます。このページでは、AWSURL のリージョン。

    または、[Systems Manager] パラメータストアにクエリを実行することもできます。♪AWS CLIまたは Storage Gateway API を使用して、名前空間の Systems Manager パブリックパラメータをクエリできます。/aws/service/storagegateway/ami/FILE_S3/latest。たとえば、次の CLI コマンドを使用すると、現在の AMI の ID が返されます。現在のAWSリージョン。

    aws --region us-east-2 ssm get-parameter --name /aws/service/storagegateway/ami/FILE_S3/latest

    この CLI コマンドにより、以下のような出力が返されます。

    { "Parameter": { "Type": "String", "LastModifiedDate": 1561054105.083, "Version": 4, "ARN": "arn:aws:ssm:us-east-2::parameter/aws/service/storagegateway/ami/FILE_S3/latest", "Name": "/aws/service/storagegateway/ami/FILE_S3/latest", "Value": "ami-123c45dd67d891000" } }