ゲートウェイのアクティベーションキーを取得する - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントがAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ゲートウェイのアクティベーションキーを取得する

ゲートウェイのアクティベーションキーを取得するには、ゲートウェイ VM にウェブリクエストを行います。アクティベーションキーが格納されているリダイレクトが返されます。このアクティベーションキーは、ActivateGateway API アクションにパラメータの 1 つとしてが渡され、ゲートウェイの設定を指定します。ゲートウェイ VM へのリクエストには、AWSアクティベーションが発生するリージョン。

応答のリダイレクトで返される URL には、activationkey と呼ばれるクエリ文字列パラメータが含まれています。このクエリ文字列パラメータが、アクティベーションキーです。クエリ文字列の形式は次のようになります。 http://gateway_ip_address/?activationRegion=activation_region

Linux コマンドラインインターフェイス (CLI)。

次の例では、Linux CLI を使用してアクティベーションキーを取得する方法を示します。

curl 'ec2_instance_ip_address/?activationRegion=activation_region&no_redirect'

Microsoft Windows PowerShell

次の例では、Microsoft Windows PowerShell を使用して HTTP レスポンスを取得し、HTTP ヘッダーを解析してアクティベーションキーを取得する方法を示します。

function Get-ActivationKey { [CmdletBinding()] Param( [parameter(Mandatory=$true)][string]$IpAddress, [parameter(Mandatory=$true)][string]$ActivationRegion ) PROCESS { $request = Invoke-WebRequest -UseBasicParsing -Uri "http://$IpAddress/?activationRegion=$ActivationRegion" -MaximumRedirection 0 -ErrorAction SilentlyContinue if ($request) { $activationKeyParam = $request.Headers.Location | Select-String -Pattern "activationKey=([A-Z0-9-]+)" $activationKeyParam.Matches.Value.Split("=")[1] } } }