テープの操作 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

テープの操作

Storage Gateway では、アクティブ化されたごとに 1 つの仮想テープライブラリ (VTL) が提供されます。初期状態のライブラリにはテープは含まれていませんが、必要なときにいつでもテープを作成できます。アプリケーションは Tape Gateway で使用できる任意のテープに対して読み書きを実行できます。テープに書き込むには、テープのステータスが AVAILABLE になっている必要があります。これらのテープは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) によってバックアップされます。つまり、これらのテープに書き込むと、テープゲートウェイはデータを Amazon S3 に格納します。詳細については、「VTL のテープのステータス情報を理解する」を参照してください。

テープライブラリには、Tape Gateway 内のテープが表示されます。ライブラリはテープのバーコード、ステータスとサイズ、使用したテープ量およびテープが関連付けられるゲートウェイを示します。

ライブラリに多数のテープがある場合、コンソールではバーコードとステータスのどちらか一方または両方でテープを検索できます。バーコードで検索した場合は、ステータスとゲートウェイでフィルタリングできます。

バーコード、ステータス、ゲートウェイで検索するには

  1. Storage Gateway コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home

  2. ナビゲーションペインで、[Tapes] を選択し、検索ボックスに値を入力します。値は、バーコードかステータス、またはゲートウェイとすることができます。Storage Gateway では、すべての仮想テープが検索されます。ただし、ステータスで検索結果をフィルタリングすることもできます。

    ステータスをフィルタリングと、条件に一致するテープがStorage Gateway コンソールのライブラリに表示されます。

    ゲートウェイをフィルタリングすると、そのゲートウェイに関連付けられるテープがStorage Gateway コンソールのライブラリに表示されます。

    注記

    Storage Gateway では、ステータスに関係なくすべてのテープが表示されます。

テープのアーカイブ

Tape Gateway にある仮想テープをアーカイブできます。テープをアーカイブすると、Storage Gateway はテープをアーカイブに移動します。

テープをアーカイブするには、バックアップソフトウェアを使用します。テープをアーカイブするプロセスは、IN TRANSIT TO VTSARCHIVING、および ARCHIVED の 3 つのステージ (テープのステータス) で構成されています。

  • テープをアーカイブするには、バックアップアプリケーションにより提供されるコマンドを使用します。アーカイブプロセスが開始すると、テープのステータスが IN TRANSIT TO VTS に変わり、そのテープにはバックアップアプリケーションでアクセスできなくなります。この段階では、Tape Gateway はデータをにアップロードしていますAWS。必要に応じて、進行中のアーカイブをキャンセルすることができます。アーカイブの取り消しについての詳細は、テープのアーカイブのキャンセル を参照してください。

    注記

    テープのアーカイブ手順は、バックアップアプリケーションによって異なります。詳細な手順については、バックアップアプリケーションのマニュアルを参照してください。

  • データのアップロード後AWS完了すると、テープのステータスがに変わりますアーカイブしますStorage Gateway はテープのアーカイブへの移動を開始します。この時点でアーカイブプロセスをキャンセルすることはできません。

  • テープがアーカイブに移動された後、ステータスは ARCHIVED に変わり、どのゲートウェイにもテープを取得できます。テープ取得に関する詳細については、アーカイブ済みのテープの取得 を参照してください。

テープのアーカイブに関連する手順は、バックアップソフトウェアによって異なります。Symantec NetBackup ソフトウェアを使用してテープをアーカイブする方法については、「テープのアーカイブ」を参照してください。

テープのアーカイブのキャンセル

テープのアーカイブを開始した後で、テープを戻す必要があることがわかる場合があります。たとえば、アーカイブプロセスに時間がかかりすぎる場合や、テープからデータを読み取る場合など、アーカイブプロセスをキャンセルしてテープを戻したいことがあります。アーカイブ中のテープには、以下に示すように 3 つのステータスがあります。

  • VTS への転送中: Tape Gateway がデータをにアップロードしていますAWS。

  • アーカイブ: データのアップロードは完了し、Tape Gateway はテープをアーカイブに移動しています。

  • アーカイブ済み: テープはアーカイブに移動され、取得に利用できます。

アーカイブをキャンセルできるのは、テープのステータスが IN TRANSIT TO VTS のときだけです。アップロードの帯域幅やアップロードされるデータの量などの要因によっては、このステータスがStorage Gateway コンソールに表示される場合と表示されない場合があります。テープアーカイブをキャンセルするには、API リファレンスの CancelRetrieval アクションを使用します。