AWS Direct Connect を AWS Storage Gateway に使用する - AWS Storage Gateway

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Direct Connect を AWS Storage Gateway に使用する

AWS Direct Connect は、お客様の内部ネットワークを AWS クラウドにリンクします。AWS Storage Gateway で AWS Direct Connect を使用することで、高スループットのワークロードが要求される場合に備えた接続を作成し、オンプレミスのゲートウェイと AWS の間の専用ネットワーク接続を用意できます。

Storage Gateway ではパブリックエンドポイントを使用します。AWS Direct Connect 接続を設定すると、パブリック仮想インターフェイスを作成してトラフィックを Storage Gateway のエンドポイントにルーティングできます。パブリック仮想インターフェイスは、お客様のネットワークパスの中でインターネットサービスプロバイダーをバイパスします。Storage Gateway サービスのパブリックエンドポイントは、AWS Direct Connect のロケーションと同じ AWS リージョンにすることも、別の AWS リージョンを指定することができます。

次の図は、Storage Gateway を使用した AWS Direct Connect の動作の例を示します。

次の手順では、機能するゲートウェイを作成済みであることを前提としています。

AWS Direct Connect で Storage Gateway を使用するには

  1. オンプレミスデータセンターと Storage Gateway のエンドポイントの間に AWS Direct Connect 接続を作成して確立します。接続の作成方法の詳細については、AWS Direct Connect ユーザーガイド.の「AWS Direct Connect の使用開始」を参照してください。

  2. オンプレミスの Storage Gateway アプライアンスを AWS Direct Connect ルーターに接続します。

  3. パブリック仮想インターフェイスを作成し、それに応じてオンプレミスのルーターを設定します。詳細については、AWS Direct Connect ユーザーガイドの「仮想インターフェイスの作成」を参照してください。

AWS Direct Connect の詳細については、AWS Direct Connect ユーザーガイドの「AWS Direct Connect とは何ですか?」を参照してください。