Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

Amazon CloudWatch で Kinesis Data Streams エージェントの状態をモニタリングする

エージェントは AWSKinesisAgent の名前空間でカスタム CloudWatch メトリクスを発行します。これらのメトリクスを使用して、エージェントがデータを指定されたとおりに Kinesis Data Streams にデータを送信しており、状態が正常でデータプロデューサーで適切な量の CPU リソースとメモリリソースを消費しているかを評価できます。送信されたレコード数やバイト数などのメトリクスは、エージェントがストリームにデータを送信する速度を知るのに便利です。これらのメトリクスが、ある程度の割合低下するかゼロになることで期待されるしきい値を下回っている場合は、設定の問題、ネットワークエラー、エージェントの状態の問題を示している場合があります。オンホスト CPU やメモリなどの消費量とエージェントエラーカウンターなどのメトリクスは、プロデューサーのリソース使用率を示し、潜在的な構成またはホストのエラーに対する洞察を提供します。最後に、エージェントの問題を調査するのに役立つサービス例外を記録します。これらのメトリクスは、エージェント構成設定 cloudwatch.endpoint で指定されたリージョンで報告されます。エージェント設定の詳細については、「エージェントの設定」を参照してください。

CloudWatch によるモニタリング

Kinesis Data Streams エージェントは以下のメトリクスを CloudWatch に送信します。

メトリクス 説明
BytesSent

指定された期間に Kinesis Data Streams に送信されたバイト数。

単位: バイト

RecordSendAttempts

指定した期間内の PutRecords 呼び出しのレコード数(初回または再試行の)。

単位: Count

RecordSendErrors

指定した期間内の、PutRecords への呼び出しの失敗ステータス(再試行など)のレコード数。

単位: Count

ServiceErrors

指定した期間内の、サービスエラー(スロットリングエラーを除く)となった PutRecords への呼び出し数。

単位: Count

このページの内容: