Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

Kinesis Data Streams コンシューマー

コンシューマーは、Amazon Kinesis Data Streams application とも呼ばれ、Kinesis データストリームからデータレコードを取得して処理するために構築するアプリケーションです。

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Redshift、Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)、Splunk などのサービスに直接ストリームレコードを送信する場合は、コンシューマーアプリケーションを作成する代わりに Kinesis Data Firehose 配信ストリームを使用できます。詳細については、Kinesis Data Firehose 開発者ガイドの「Amazon Kinesis Firehose 配信システムの作成」を参照してください。ただし、独自の方法でデータレコードを処理する必要がある場合、コンシューマーの作成方法に関するガイダンスは「Amazon Kinesis Data Streams からのデータの読み取り」を参照してください。

コンシューマーを作成する場合は、Amazon Machine Image (AMI) のいずれかに追加して、Amazon EC2 インスタンスにデプロイします。コンシューマーをスケールするには、これを Auto Scaling グループの複数の Amazon EC2 インスタンスで実行します。Auto Scaling グループを使用すると、EC2 インスタンスに障害が発生した場合に新しいインスタンスを自動的に起動するのに役立ちます。また、アプリケーションの負荷の経時変化に応じてインスタンス数を伸縮自在にスケールすることもできます。Auto Scaling グループを使用することで、一定数の EC2 インスタンスを常に実行状態にすることができます。Auto Scaling グループのスケーリングイベントをトリガーするには、CPU やメモリの使用率などのメトリクスを指定して、ストリームからのデータを処理する EC2 インスタンスの数を増減させることができます。詳細については、Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド を参照してください。

このページの内容: