Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

Kinesis Client Library 2.0 を使用して拡張ファンアウトでコンシューマーを開発する

Amazon Kinesis Data Streams で拡張ファンアウトを使用するコンシューマーは、シャードあたり 1 秒間に最大 2 MiB のデータの専用スループットで、データストリームからレコードを受け取ることができます。このタイプのコンシューマーは、ストリームからデータを受け取っている他のコンシューマーと競合する必要はありません。詳細については、「拡張ファンアウトでコンシューマーを使用する 」を参照してください。

拡張ファンアウトを使用してストリームからデータを受け取るアプリケーションを開発するには、バージョン 2.0 以降の Kinesis Client Library (KCL) を使用できます。KCL は、アプリケーションをストリームのすべてのシャードに自動的にサブスクライブし、コンシューマーアプリケーションがシャードあたり 2 MiB/秒のスループット値で読み取ることができるようにします。拡張ファンアウトをオンにせずに KCL を使用する場合は、「Kinesis クライアントライブラリ 2.0 を使用したコンシューマーの開発」を参照してください。