KPL でサポートされているプラットフォーム - Amazon Kinesis Data Streams

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

KPL でサポートされているプラットフォーム

Kinesis プロデューサーライブラリ (KPL) は、C++ で書かれており、メインユーザープロセスの子プロセスとして実行されます。プリコンパイルされている 64 ビットのネイティブバイナリは、Java ベースにバンドルされており、Java wrapper によって管理されます。

次のオペレーティングシステムでは、追加ライブラリをインストールすることなく Java のパッケージを実行できます。

  • カーネルバージョン 2.6.18 (2006 年 9 月) の Linux ディストリビューション以降

  • Apple OS X 10.9 以降

  • Windows Server 2008 以降

    重要

    Windows Server 2008 以降は、バージョン 0.14.0 までのすべての KPL バージョンでサポートされています。

    Windows プラットフォームは、KPL バージョン 0.14.0 以降ではサポートされていません。

KPL は、64 ビット版のみであることに注意してください。

ソースコード

KPL のインストールで提供されるバイナリがお客様の環境に適さない場合は、KPL のコアが C++ モジュールとして書き込まれます。C++ モジュールと Java インターフェイスのソースコードは、Amazon パブリックライセンスの下でリリースされ、GitHubでKinesis プロデューサーライブラリ。KPL は、最近の規格に準拠した C++ コンパイラと JRE を使用できるすべてのプラットフォームで使用できますが、Amazon では、サポートされるプラットフォームの一覧にないプラットフォームを正式にはサポートしません。