Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

前提条件

チュートリアル: Kinesis Data Streams を使用した株式データのリアルタイム分析 を作成するための要件を以下に示します。

Amazon Web Services アカウント

開始する前に、「Kinesis Data Streams の主要なコンセプト」と「チュートリアル: Amazon Kinesis Data Streams を使用したウェブトラフィックの可視化」で説明されている概念、特にストリーム、シャード、プロデューサー、コンシューマーについて理解しておきます。また、「チュートリアル: Amazon Kinesis Data Streams を使用したウェブトラフィックの可視化」と「チュートリアル: AWS CLI を使用した Amazon Kinesis Data Streams の開始方法」を完了していると役立ちます。

AWS マネジメントコンソール にアクセスするときに、AWS アカウントとウェブブラウザが必要になります。

コンソールにアクセスするには、IAM ユーザー名とパスワードを使用し、IAM サインインページ からAWS マネジメントコンソールにサインインします。IAM では、AWS アカウントでの AWS サービスとリソースへのアクセスを安全に制御できます。アクセスキーの作成の詳細については、「How Do I Get Security Credentials?」(AWS General Reference) を参照してください。

IAM の詳細およびセキュリティキーのセットアップ手順については、「IAM ユーザーを作成する」を参照してください。

システムソフトウェア要件

アプリケーションを実行するシステムには、Java 7 以上がインストールされている必要があります。最新の Java Development Kit (JDK) をダウンロードおよびインストールするには、Oracle 社の Java SE インストールサイトを参照してください。

Eclipse などの Java IDE をお持ちの場合は、ソースコードを開いて編集、ビルド、および実行できます。

最新バージョンの AWS SDK for Java が必要です。Eclipse を IDE として使用している場合は、AWS Toolkit for Eclipse を代わりにインストールできます。

コンシューマーアプリケーションを使用するには、Kinesis Client Library (KCL) バージョン 1.2.1 以上が必要です。これは、GitHub の Kinesis Client Library (Java) から入手できます。

次のステップ

ステップ 1: データストリームの作成