Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

ステップ 3: 実装コードのダウンロードおよびビルド

スケルトンコードは チュートリアル: Kinesis Data Streams を使用した株式データのリアルタイム分析 用に提供されています。このコードには、株式取引ストリームの取り込み (プロデューサー) およびデータの処理 (コンシューマー) のいずれにも使用できるスタブ実装が含まれています。次の手順は、実装を完了する方法を示しています。

実装コードをダウンロードおよびビルドするには

  1. ソースコードをコンピュータにダウンロードします。

  2. 提供されたディレクトリ構造に従って、お好みの IDE でソースコードを使用してプロジェクトを作成します。

  3. プロジェクトに次のライブラリを追加します。

    • Amazon Kinesis Client Library (KCL)

    • AWS SDK

    • Apache HttpCore

    • Apache HttpClient

    • Apache Commons Lang

    • Apache Commons Logging

    • Guava (Java 用の Google コアライブラリ)

    • Jackson Annotations

    • Jackson Core

    • Jackson Databind

    • Jackson Dataformat: CBOR

    • Joda Time

  4. IDE によっては、プロジェクトが自動的にビルドされる場合があります。自動的にビルドされない場合は、IDE に適切なステップを使用してプロジェクトをビルドします。

上記のステップが正常に完了したら、次のセクション (ステップ 4: プロデューサーを実装する) に進みます。ビルドのいずれかの段階でエラーが発生した場合は、先に進む前に、原因を調査の上、解決してください。

次のステップ

ステップ 4: プロデューサーを実装する

このページの内容: