Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

チュートリアル: Kinesis Data Streams を使用した株式データのリアルタイム分析

このチュートリアルのシナリオでは、株式取引をストリームに取り込み、ストリーム上で計算を実行するシンプルな Amazon Kinesis Data Streams アプリケーションを記述する必要があります。レコードのストリームを Kinesis Data Streams に送信し、ほぼリアルタイムにレコードを消費および処理するアプリケーションを実装する方法を説明します。

重要

Kinesis Data Streams は AWS の無料利用枠の対象ではないため、ストリームを作成した後にアカウントには Kinesis Data Streams 使用に関するわずかな料金が発生します。コンシューマーアプリケーションが起動すると、Amazon DynamoDB の使用に伴う料金がわずかに発生します。コンシューマーアプリケーションでは、処理状態を追跡する際に DynamoDB を使用します。このアプリケーションを終了したら、AWS リソースを削除して料金が発生しないようにしてください。詳細については、「ステップ 7: 終了する」を参照してください。

このコードでは、実際の株式市場データにアクセスする代わりに、株式取引のストリームをシミュレートします。シミュレーションには、2015 年 2 月時点における時価総額上位 25 社の株式に関する実際の市場データを基にしたランダム株式取引ジェネレーターが使用されています。リアルタイムの株式取引のストリームにアクセスできたとしたら、そのときに必要としている有益な統計を入手したいと考えるかもしれません。たとえば、スライディングウィンドウ分析を実行して、過去 5 分間に購入された最も人気のある株式を調べたいと思われるかもしれません。または、大規模な売り注文(膨大な株式が含まれる売り注文)が発生したときに通知を受けたいと思われるかもしれません。このシリーズのコードを拡張して、このような機能を使用することもできます。

このチュートリアルにある手順をデスクトップまたはノート PC で実施し、同じマシンまたは定義された要件を満たした任意のプラットフォーム (例: Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)) で、プロデューサーおよびコンシューマーのコードのいずれも実行することができます。

この例では、米国西部 (オレゴン) リージョンが使用されていますが、Kinesis Data Streams をサポートしている AWS リージョンのいずれのリージョンでも動作します。