Amazon Kinesis Data Streams
開発者ガイド

Amazon Kinesis Data Streams とインターフェイス VPC エンドポイントの使用

Kinesis Data Streams 用のインターフェイス VPC エンドポイント

インターフェイス VPC エンドポイントを使用して、Amazon VPC と Kinesis Data Streams との間のトラフィックが Amazon ネットワークから離れないように維持できます。インターフェイス VPC エンドポイントは、インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続、または AWS Direct Connect 接続を必要としません。インターフェイス VPC エンドポイントは AWS PrivateLink を利用しています。これは、Amazon VPC で Elastic Network Interface とプライベート IP を使用して AWS のサービス間のプライベート通信を可能にする AWS のテクノロジーです。詳細については、Amazon Virtual Private Cloud を参照してください。

Kinesis Data Streams 用のインターフェイス VPC エンドポイントの使用

使用を開始するために、ストリーム、プロデューサー、またはコンシューマーの設定を変更する必要はありません。Amazon VPC リソースとの間の Kinesis Data Streams のトラフィックがインターフェイス VPC エンドポイントを経由して流れるように、インターフェイス VPC エンドポイントを作成するだけです。

Kinesis Producer Library (KPL) および Kinesis Consumer Library (KCL) は、パブリックエンドポイントまたはプライベートインターフェイス VPC エンドポイントのどちらか (使用中のもの) を使って、Amazon CloudWatch や Amazon DynamoDB などの AWS のサービスを呼び出します。たとえば、KPL アプリケーションが、DynamoDB インターフェイス VPC エンドポイントを有効にして VPC で実行されている場合、DynamoDB と KCL アプリケーション間の呼び出しは、そのインターフェイス VPC エンドポイントを経由して流れます。

現在利用できるリージョン

現在、インターフェイス VPC エンドポイントは次のリージョン内でサポートされています。

  • 米国西部 (オレゴン)

  • EU (パリ)

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 欧州 (アイルランド)

  • アジアパシフィック (ムンバイ)

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 南米 (サンパウロ)

  • アジアパシフィック (ソウル)

  • 欧州 (ロンドン)

  • アジアパシフィック (東京)

  • 米国西部 (北カリフォルニア)

  • アジアパシフィック (シンガポール)

  • アジアパシフィック (シドニー)

  • カナダ (中部)