Scripting - Amazon Sumerian

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Scripting

スクリプトを使用して、シーンを動的に更新したり、複雑なステートマシンを作成したり、シーンを AWS SDK for JavaScript と統合したり、DOM にアクセスしたりできます。

注記

新しいSumerianが利用可能になりました。新しいスクリプト形式では、より高度な抽象化が提供され、ビジュアル[State Machine]ビヘイビアだけでなく、独自のカスタムアクションも使用しています。これらのアクションは動的に設定でき、スクリプトによって強力な方法で調整できます。また、ビジュアルな[State Machine]非表示にします。

空のスクリプトを作成するには

  1. Sumerian エディタでシーンを開きます。

  2. デフォルトパックの横にあるプラスのアイコンをクリックし、スクリプト (プレビュー)またはスクリプト (レガシー)。パック名を選択してアイコンを表示します。

  3. を押すjを押してテキストエディタを開きます。

  4. ドキュメントにある新しいスクリプトを選択します。スクリプト名の横にある鉛筆アイコンを使用して、名前を変更します。

新しい API: 新しい (プレビュー) API は、Sumerian 入門ガイドは、Sumerian エンジンと対話するスクリプトを書く方法を理解するのに役立ちます。新しい API のリファレンスドキュメントを入手できます。ここ

レガシー API: スクリプトテンプレートには、7 つのメソッドとのパラメータ配列。メソッドはシーンのライフサイクルイベントに対応し、次のタイミングでエンジンによって呼び出されます。Sumerian レガシーエンジンライブラリのリファレンスドキュメントは、Sumerian

  • setup— シーンの再生が開始したとき。

  • fixedUpdate— フィジックスが更新されるごと。

  • update— レンダリングフレームごと。

  • lateUpdate— すべてを呼び出した後updateシーン内のメソッドです。

  • enter— ステートマシンのスクリプトアクションで、状態に入ったとき。

  • exit— ステートマシンのスクリプトアクションで、状態から出たとき。

  • cleanup— シーンの再生が停止したとき。

Sumerian レガシーエンジンライブラリのリファレンスドキュメントは、Sumerian。新しい API のリファレンスドキュメントを入手できます。ここ