AWS-PatchInstanceWithRollback - AWS Systems Manager オートメーション (自動化) ランブックリファレンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS-PatchInstanceWithRollback

説明

EC2 インスタンスを適用可能なパッチベースラインに準拠させます。障害発生時にルートボリュームをロールバックします。

このオートメーションを実行する (コンソール)

ドキュメントタイプ

Automation

所有者

Amazon

[Platforms] (プラットフォーム)

Linux、macOS、Windows

[Parameters] (パラメータ)

  • AutomationAssumeRole

    型: 文字列

    説明: (オプション) Systems Manager Automation がユーザーに代わってアクションを実行できるようにする AWS Identity and Access Management (IAM) ロールの Amazon リソースネーム (ARN)。ロールを指定しない場合、Systems Manager Automation はこのランブックを開始するユーザーのアクセス許可を使用します。

  • InstanceId

    型: 文字列

    説明: (必須) patch-baseline を適用する EC2 InstanceId。

  • LambdaAssumeRole

    型: 文字列

    説明: (オプション) 自動化によって作成された Lambda がユーザーに代わってアクションを実行できるようにするロールの ARN。指定されていない場合、Lambda 関数を実行するために一時的なロールが作成されます。

  • ReportS3Bucket

    型: 文字列

    説明: (オプション) 処理中に生成されたコンプライアンスレポートの Amazon S3 バケット送信先。

ドキュメントステップ

ステップ番号 ステップ名 自動化アクション

1

createDocumentStack

aws:createStack

2

IdentifyRootVolume

aws:invokeLambdaFunction

3

PrePatchSnapshot

aws:executeAutomation

4

installMissingUpdates

aws:runCommand

5

SleepThruInstallation

aws:invokeLambdaFunction

6

CheckCompliance

aws:invokeLambdaFunction

7

SaveComplianceReportToS3

aws:invokeLambdaFunction

8

ReportSuccessOrFailure

aws:invokeLambdaFunction

9

RestoreFromSnapshot

aws:invokeLambdaFunction

10 DeleteSnapshot

aws:invokeLambdaFunction

11

deleteCloudFormationTemplate

aws:deleteStack

[Outputs] (出力)

IdentifyRootVolume.Payload

PrePatchSnapshot.Output

SaveComplianceReportToS3.Payload

RestoreFromSnapshot.Payload

CheckCompliance.Payload