Systems Manager へのアクセス - AWS Systems Manager

Systems Manager へのアクセス

AWS Systems Manager は次のいずれかの方法で使用できます。

Systems Manager コンソール

AWS Systems Manager コンソールは、Systems Manager にアクセスして使用するためのブラウザベースのインターフェイスです。

AWS コマンドラインツール

AWS コマンドラインツールを使用して、システムのコマンドラインでコマンドを発行することで、Systems Manager および他の AWS タスクを実行できます。これらのツールは Linux、macOS、および Windows でサポートされています。AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用した方が、コンソールを使用するよりも高速で便利です。コマンドラインツールは、AWS のタスクを実行するスクリプトを作成する場合に便利です。

AWS には、AWS Command Line InterfaceAWS Tools for Windows PowerShell という 2 セットのコマンドラインツールが用意されています。AWS CLI のインストールおよび使用の方法については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。Tools for Windows PowerShell のインストールおよび使用の方法については、AWS Tools for Windows PowerShellユーザーガイドを参照してください。

注記

Windows Server インスタンスでは、特定の SSM ドキュメント (例: レガシー Windows PowerShell 3.0 ドキュメント) を実行するには、AWS-ApplyPatchBaseline 以降が必要です。Windows Server インスタンスが Windows Management Framework 3.0 以降を実行中であることを確認します。このフレームワークには、Windows PowerShell が含まれます。

AWS SDK

AWS には、さまざまなプログラミング言語およびプラットフォーム (JavaPythonRuby.NETiOS、Android、および など) のライブラリとサンプルコードで構成されたソフトウェア開発キット (SDK) が用意されています。SDK は、Systems Manager へのアクセス権をプログラムによって作成するのに役立ちます。AWS SDK のダウンロードやインストールなどの詳細については、「アマゾン ウェブ サービスのツール」を参照してください。