エディターを使用したランブックの作成 - AWS Systems Manager

エディターを使用したランブックの作成

AWS Systems Manager のパブリックランブックによって AWS リソースで実行するすべてのアクションが実行されない場合、独自のランブックを作成できます。たとえば、エディターを使用して、パラメーターを変更したり、既存のランブックに追加ステップを追加したり、複数のランブックを 1 つのランブックに結合したりできます。JSON または YAML で独自のランブックを作成する方法に精通している場合、エディタを使用して JSON または YAML ランブックコンテンツを入力できます。

カスタムランブックの例については、「サンプルシナリオとカスタムランブックソリューション」を参照してください。

注記

ランブックで aws:executeScript 入力パラメータを指定して Attachment オートメーションアクションが使用されている場合、ランブックを正常に作成するには AWS CLI またはドキュメントビルダーを使用する必要があります。

以下の手順では、エディタを使用してランブックを作成する方法を説明します。

エディターを使用してランブックを作成するには

  1. AWS Systems Manager コンソール (https://console.aws.amazon.com/systems-manager/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ドキュメント] を選択します。

    -または-

    AWS Systems Manager ホームページが最初に開く場合は、メニューアイコン ( ) を選択してナビゲーションペインを開き、[ドキュメント] を選択します。

  3. [Create automation (オートメーションを作成)] を選択します。

  4. [名前] に、ランブックのわかりやすい名前を入力します。

  5. [Editor (エディタ)] タブを選択し、[Edit (編集)] を選択します。

  6. JSON または YAML を使用してランブックコンテンツを入力します。

  7. [Create automation (オートメーションを作成)] を選択します。