Systems Manager の仕組み - AWS Systems Manager

Systems Manager の仕組み

このトピックの後半の図 1 は、サーバーのフリートへのコマンドの送信や、オンプレミスサーバーで実行中のアプリケーションのインベントリ実行などのアクションを実行するときに AWS Systems Manager が実行する、さまざまなプロセスの一般的な例を示しています。Systems Manager の各機能は、セットアップ、起動、処理、および報告の類似したプロセスを使用します。例えば、[Run Command (コマンドの実行)] ウィンドウと [メンテナンス] ウィンドウは、Systems Manager の各機能です。

  1. Systems Manager の設定 – Systems Manager コンソール、SDK、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または AWS Tools for Windows PowerShell を使用して、AWS リソースに対して実行するアクションを設定、スケジュール、自動化および実行します。

  2. 検証および処理 – Systems Manager は、アクセス許可を含む設定を検証し、ハイブリッド環境のインスタンスまたはサーバーで実行中の AWS Systems Manager SSM Agent にリクエストを送信します。SSM Agent は、指定された設定変更を実行します。

  3. 報告: SSM Agent は AWS クラウド の Systems Manager に対して、設定変更とアクションのステータスを報告します。次に、Systems Manager はユーザーおよびさまざまな AWS のサービス (設定されている場合) にステータスを送信します。

図 1: Systems Manager プロセスの流れの一般的な例


                Systems Manager 機能 (たとえば [Run Command (コマンドの実行)] または [メンテナンス Windows] の場合) で、セットアップ、起動、処理、および報告の類似したプロセスが使用される方法を示す図。