既存のパッチベースラインをデフォルトとして設定する (コンソール) - AWS Systems Manager

既存のパッチベースラインをデフォルトとして設定する (コンソール)

AWS Systems Manager の一機能である Patch Manager でカスタムパッチベースラインを作成するときに、作成してすぐに、ベースラインを関連するオペレーティングシステムタイプのデフォルトに設定できます。詳細については、カスタムパッチベースラインの操作 (コンソール) を参照してください。

既存のパッチベースラインを、オペレーティングシステムタイプのデフォルトに設定することもできます。

パッチベースラインをデフォルトとして設定するには

  1. AWS Systems Manager コンソール (https://console.aws.amazon.com/systems-manager/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Patch Manager] を選択します。

    -または-

    AWS Systems Manager ホームページが最初に開いた際、メニューアイコン ( ) を選択してナビゲーションペインを開き、[Patch Manager] を選択します。

  3. パッチベースラインのリストで、現在オペレーティングシステムタイプのデフォルトとして設定されていないパッチベースラインのボタンを選択します。

    -または-

    現在の AWS リージョン で Patch Manager に初めてアクセスしている場合は、[View predefined patch baselines] (事前定義されたパッチベースラインの表示) を選択してから、オペレーティングシステムタイプのデフォルトとして現在設定されていないパッチベースラインのボタンをクリックします。

    ヒント

    [Default baseline (デフォルトベースライン)] 列は、現在デフォルトとして設定されているベースラインを表しています。

  4. [Actions (アクション)] メニューで、[Set default patch baseline (デフォルトパッチベースラインに設定)] を選択します。

  5. 確認ダイアログボックスで [Yes, Set (はい、設定します)] を選択します。