関連付けの履歴の表示 - AWS Systems Manager

関連付けの履歴の表示

DescribeAssociationExecutions API オペレーションを使用して、特定の関連付け ID のすべての実行を表示できます。このオペレーションを使用して、State Manager の関連付けのステータス、詳細なステータス、結果、最終実行時間、および詳細情報を確認します。State Manager は AWS Systems Manager の一機能です。この API オペレーションには、指定する条件に従って関連付けを見つけるのに役立つフィルターも含まれています。例えば、正確な日時を指定し、GREATER_THAN フィルターを使用して、指定の日時より後に処理された実行を表示できます。

例えば、関連付けの実行が失敗した場合、DescribeAssociationExecutionTargets API オペレーションを使用して、特定の実行を詳細にドリルダウンすることができます。このオペレーションにより、関連付けが実行されたインスタンス ID、およびさまざまな関連付けステータスなどのリソースが表示されます。その後、どのリソースまたはインスタンスで関連付けの実行に失敗したかを確認できます。リソース ID を使用して、コマンドのどのステップが失敗したかを示すコマンド実行の詳細を表示できます。

このセクションの例には、StartAssociationsOnce API オペレーションを使用して、作成時に関連付けを 1 回実行する方法についての情報も含まれています。この API オペレーションを失敗した関連付けの実行の調査に使用できます。関連付けが失敗した場合は、リソースを変更して直ちに関連付けを実行して、リソースの変更によって関連付けが正常に実行されるかどうかを確認できます。

関連付けの履歴の表示 (コンソール)

次の手順を使用して、特定の関連付け ID の実行履歴を表示し、1 つ以上のリソースの実行の詳細を表示します。

特定の関連付け ID の実行履歴を表示するには

  1. AWS Systems Manager コンソール (https://console.aws.amazon.com/systems-manager/) を開きます。

  2. State Manager を選択します。

  3. [Association id (アソシエーション ID)] フィールドで、履歴を表示する関連付けを選択します。

  4. [View details (詳細を表示)] ボタンを選択します。

  5. [Execution history (実行履歴の表示)] タブを選択します。

  6. リソースレベルの実行の詳細を表示する関連付けを選択します。たとえば、ステータスが [Failed (失敗)] と表示される関連付けを選択します。関連付けの実行に失敗したインスタンスの実行の詳細を表示できます。

    検索ボックスのフィルターを使用して、詳細を表示する実行を見つけます。

    
                                State Manager の関連付け実行のリストのフィルタリング。
  7. 実行 ID を選択します。[Association execution targets (関連付け実行ターゲット)] ページが開きます。このページには、関連付けを実行したすべてのリソースが表示されます。

  8. リソースに関する固有の情報を表示するリソース ID を選択します。

    検索ボックスのフィルターを使用して、詳細を表示するリソースを見つけます。

    
                                State Manager の関連付け実行ターゲットのリストのフィルタリング。
  9. 実行に失敗した関連付けを調査する場合は、[Apply association now] (関連付けを今すぐ適用) ボタンを使用して、作成時に関連付けを 1 回実行できます。関連付けの実行に失敗したリソースで変更をした後、ナビゲーションブレッドクラムで、[Association ID (関連 ID)] リンクを選択します。

  10. [Apply association now (関連付けを今すぐ適用)] ボタンを選択します。実行が完了したら、関連付けの実行が成功したことを確認します。

関連付けの履歴の表示 (コマンドライン)

次の手順では、Linux または Windows の場合 AWS Command Line Interface (AWS CLI) または AWS Tools for PowerShell を使用して特定の関連付け ID の実行履歴を表示する方法について説明します。これに続いて、この手順では、1 つ以上のリソースの実行の詳細を表示する方法について説明します。

特定の関連付け ID の実行履歴を表示するには

  1. まだ AWS CLI または AWS Tools for PowerShell をインストールして設定していない場合は、インストールして設定します。

    詳細については、「AWS コマンドラインツールのインストールまたはアップグレード」を参照してください。

  2. 以下のコマンドを実行して、特定の関連付け ID の実行を一覧表示します。

    Linux & macOS
    aws ssm describe-association-executions \ --association-id ID \ --filters Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=GREATER_THAN
    注記

    このコマンドには、特定の日時以降に実行された実行のみに結果を限定するフィルタが含まれています。特定の関連付け ID のすべての実行を表示するには、--filters パラメータおよび Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=GREATER_THAN 値を削除します。

    Windows
    aws ssm describe-association-executions ^ --association-id ID ^ --filters Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=GREATER_THAN
    注記

    このコマンドには、特定の日時以降に実行された実行のみに結果を限定するフィルタが含まれています。特定の関連付け ID のすべての実行を表示するには、--filters パラメータおよび Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=GREATER_THAN 値を削除します。

    PowerShell
    Get-SSMAssociationExecution ` -AssociationId ID ` -Filter @{"Key"="CreatedTime";"Value"="2019-06-01T19:15:38.372Z";"Type"="GREATER_THAN"}
    注記

    このコマンドには、特定の日時以降に実行された実行のみに結果を限定するフィルタが含まれています。特定の関連付け ID のすべての実行を表示するには、-Filter パラメータおよび @{"Key"="CreatedTime";"Value"="2019-06-01T19:15:38.372Z";"Type"="GREATER_THAN"} 値を削除します。

    システムが以下のような情報を返します。hr-department

    Linux & macOS
    {
       "AssociationExecutions":[
          {
             "Status":"Success",
             "DetailedStatus":"Success",
             "AssociationId":"c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE",
             "ExecutionId":"76a5a04f-caf6-490c-b448-92c02EXAMPLE",
             "CreatedTime":1523986028.219,
             "AssociationVersion":"1"
          },
          {
             "Status":"Success",
             "DetailedStatus":"Success",
             "AssociationId":"c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE",
             "ExecutionId":"791b72e0-f0da-4021-8b35-f95dfEXAMPLE",
             "CreatedTime":1523984226.074,
             "AssociationVersion":"1"
          },
          {
             "Status":"Success",
             "DetailedStatus":"Success",
             "AssociationId":"c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE",
             "ExecutionId":"ecec60fa-6bb0-4d26-98c7-140308EXAMPLE",
             "CreatedTime":1523982404.013,
             "AssociationVersion":"1"
          }
       ]
    }
    Windows
    {
       "AssociationExecutions":[
          {
             "Status":"Success",
             "DetailedStatus":"Success",
             "AssociationId":"c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE",
             "ExecutionId":"76a5a04f-caf6-490c-b448-92c02EXAMPLE",
             "CreatedTime":1523986028.219,
             "AssociationVersion":"1"
          },
          {
             "Status":"Success",
             "DetailedStatus":"Success",
             "AssociationId":"c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE",
             "ExecutionId":"791b72e0-f0da-4021-8b35-f95dfEXAMPLE",
             "CreatedTime":1523984226.074,
             "AssociationVersion":"1"
          },
          {
             "Status":"Success",
             "DetailedStatus":"Success",
             "AssociationId":"c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE",
             "ExecutionId":"ecec60fa-6bb0-4d26-98c7-140308EXAMPLE",
             "CreatedTime":1523982404.013,
             "AssociationVersion":"1"
          }
       ]
    }
    PowerShell
    AssociationId         : c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE
    AssociationVersion    : 1
    CreatedTime           : 8/18/2019 2:00:50 AM
    DetailedStatus        : Success
    ExecutionId           : 76a5a04f-caf6-490c-b448-92c02EXAMPLE
    LastExecutionDate     : 1/1/0001 12:00:00 AM
    ResourceCountByStatus : {Success=1}
    Status                : Success
    
    AssociationId         : c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE
    AssociationVersion    : 1
    CreatedTime           : 8/11/2019 2:00:54 AM
    DetailedStatus        : Success
    ExecutionId           : 791b72e0-f0da-4021-8b35-f95dfEXAMPLE
    LastExecutionDate     : 1/1/0001 12:00:00 AM
    ResourceCountByStatus : {Success=1}
    Status                : Success
    
    AssociationId         : c336d2ab-09de-44ba-8f6a-6136cEXAMPLE
    AssociationVersion    : 1
    CreatedTime           : 8/4/2019 2:01:00 AM
    DetailedStatus        : Success
    ExecutionId           : ecec60fa-6bb0-4d26-98c7-140308EXAMPLE
    LastExecutionDate     : 1/1/0001 12:00:00 AM
    ResourceCountByStatus : {Success=1}
    Status                : Success

    1 つ以上のフィルターを使用して、結果を制限することもできます。次の例では、特定の日時以前に実行されたすべての関連付けが返されます。

    Linux & macOS
    aws ssm describe-association-executions \ --association-id ID \ --filters Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=LESS_THAN
    Windows
    aws ssm describe-association-executions ^ --association-id ID ^ --filters Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=LESS_THAN
    PowerShell
    Get-SSMAssociationExecution ` -AssociationId 14bea65d-5ccc-462d-a2f3-e99c8EXAMPLE ` -Filter @{"Key"="CreatedTime";"Value"="2019-06-01T19:15:38.372Z";"Type"="LESS_THAN"}

    次の場合、特定の日時以降に正常に実行されたすべての関連付けが返されます。

    Linux & macOS
    aws ssm describe-association-executions \ --association-id ID \ --filters Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=GREATER_THAN Key=Status,Value=Success,Type=EQUAL
    Windows
    aws ssm describe-association-executions ^ --association-id ID ^ --filters Key=CreatedTime,Value="2018-04-10T19:15:38.372Z",Type=GREATER_THAN Key=Status,Value=Success,Type=EQUAL
    PowerShell
    Get-SSMAssociationExecution ` -AssociationId 14bea65d-5ccc-462d-a2f3-e99c8EXAMPLE ` -Filter @{ "Key"="CreatedTime"; "Value"="2019-06-01T19:15:38.372Z"; "Type"="GREATER_THAN" }, @{ "Key"="Status"; "Value"="Success"; "Type"="EQUAL" }
  3. 特定の実行のすべてのターゲットを表示するには、次のコマンドを実行します。

    Linux & macOS
    aws ssm describe-association-execution-targets \ --association-id ID \ --execution-id ID
    Windows
    aws ssm describe-association-execution-targets ^ --association-id ID ^ --execution-id ID
    PowerShell
    Get-SSMAssociationExecutionTarget ` -AssociationId 14bea65d-5ccc-462d-a2f3-e99c8EXAMPLE ` -ExecutionId 76a5a04f-caf6-490c-b448-92c02EXAMPLE

    1 つ以上のフィルターを使用して、結果を制限することもできます。次の例では、特定の関連付けの実行に失敗したすべてのターゲットに関する情報が返されます。

    Linux & macOS
    aws ssm describe-association-execution-targets \ --association-id ID \ --execution-id ID \ --filters Key=Status,Value="Failed"
    Windows
    aws ssm describe-association-execution-targets ^ --association-id ID ^ --execution-id ID ^ --filters Key=Status,Value="Failed"
    PowerShell
    Get-SSMAssociationExecutionTarget ` -AssociationId 14bea65d-5ccc-462d-a2f3-e99c8EXAMPLE ` -ExecutionId 76a5a04f-caf6-490c-b448-92c02EXAMPLE ` -Filter @{ "Key"="Status"; "Value"="Failed" }

    次の例では、関連付けの実行に失敗した特定のマネージドインスタンスに関する情報が返されます。

    Linux & macOS
    aws ssm describe-association-execution-targets \ --association-id ID \ --execution-id ID \ --filters Key=Status,Value=Failed Key=ResourceId,Value="i-02573cafcfEXAMPLE" Key=ResourceType,Value=ManagedInstance
    Windows
    aws ssm describe-association-execution-targets ^ --association-id ID ^ --execution-id ID ^ --filters Key=Status,Value=Failed Key=ResourceId,Value="i-02573cafcfEXAMPLE" Key=ResourceType,Value=ManagedInstance
    PowerShell
    Get-SSMAssociationExecutionTarget ` -AssociationId 14bea65d-5ccc-462d-a2f3-e99c8EXAMPLE ` -ExecutionId 76a5a04f-caf6-490c-b448-92c02EXAMPLE ` -Filter @{ "Key"="Status"; "Value"="Success" }, @{ "Key"="ResourceId"; "Value"="i-02573cafcfEXAMPLE" }, @{ "Key"="ResourceType"; "Value"="ManagedInstance" }
  4. 実行に失敗した関連付けを調査する場合、StartAssociationsOnce API オペレーションを使用して、関連付けを直ちに 1 回のみ実行できます。関連付けの実行に失敗したリソースを変更した後、関連付けをすぐに 1 回のみ実行する場合、次のコマンドを実行します。

    Linux & macOS
    aws ssm start-associations-once \ --association-id ID
    Windows
    aws ssm start-associations-once ^ --association-id ID
    PowerShell
    Start-SSMAssociationsOnce ` -AssociationId ID