内容 AWS IoT Things Graph? - AWS IoT Things グラフ

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

内容 AWS IoT Things Graph?

AWS IoT Things Graph は、IoT アプリケーションの開発を簡素化するオーケストレーション・サービスです。これらのアプリケーションは、さまざまなメーカーの異なるデバイスやウェブサービスを使用できます。 異なるプロトコル、データ形式、 メッセージ構文。

例えば、ホームセキュリティアプリケーションには、カメラ、ドアおよび窓センサーを含めることができ、 同じ IoT 規格に準拠していないさまざまなメーカーのモーション・センサー。その結果、これらのカメラやセンサーは必ずしも各センサーと通信するように設計されているわけではありません。 その他。アプリケーションビルダーは、翻訳のために多大な開発努力を費やさなければなりません。 メッセージとアクションをデバイス間で実行できます。これにより、ソフトウェア開発コストと 市場投入までの時間が短縮されます。

また、使用するデバイス ベンダーは、インストールごとに異なる可能性があります。毎回 開発作業を繰り返す必要があります。顧客は、 最もコスト効率の高い選択肢を選択できるように、サポートされているデバイスの大規模なカタログ。

最後に、多くのサイトでは、フローはWebサービスを使用してクラウドで実行されることがあります。他のサイトでは、 自動化フローをエッジゲートウェイ(例: AWS IoT Greengrass)。フローの設計 クラウドまたはオンエッジゲートウェイで実行できるものには困難が伴います。 AWS IoT Things Graph は、 必要な変換を確実に行うために、デバイス間の相互通信を行います。

モデルを通じたコミュニケーション

AWS IoT Things Graph さまざまなデバイスやWebサービスと通信し、 再利用可能な抽象化の使用による相互の相互作用を モデル. モデルでは、 デバイス。また、これらのアクションを起動し、生成されたイベントを読む方法も説明します。あり AWS IoT Things Graphアプリケーションビルダーは、 モデルと対応するデバイスおよびウェブサービスを使用するアプリケーション。 AWS IoT Things Graph モデルを使用する プロトコル、アドレス指定スキーム、および異なるデバイスが使用するデータ形式を識別できます。デバイスとWebサービス間で必要なメッセージの変換をすべて実行します。これは フローを期待された順序で実行できるようにします。

フロー設計インターフェース

AWS IoT Things Graph は、 開発時間です。アプリケーションビルダーは、相互作用をグラフィカルに定義でき、 いくつかのアクションを使用してアプリケーションを構築できます。ビジュアルインターフェイスには、 次のような条件付き操作を実行する if-then-else 論理演算子(例: AND/OR。 これにより、複数ステップの自動化フローを簡単に作成できます。また、 AWS IoT Things Graph では、システムのデバイスを新しいバージョンに交換できます。 アプリケーションに統合するための追加作業を行うことなく、利用可能になります。

既成モデル

は AWS IoT Things Graph コンソールには、カメラや モーションセンサー、ウェブサービス、 Amazon Rekognition および AWS Lambda. アプリケーションビルダーは、 AWS IoT Things Graph 独自のモデルを作成できます。アプリケーションを構築した後、 展開し、 AWS Webサービスとデバイス間のやり取りを調整するクラウド に接続 AWS IoT クラウド。また、 AWS IoT Greengrass- オーケストラする有効デバイス ローカルで接続されたデバイスとウェブサービス間の相互作用。

モデル、フロー、マッピング

Nutanixには3つの重要なコンセプトがあります。 AWS IoT Things Graph: モデル, マッピング、および フロー.

デバイスおよびサービスモデル

デバイスおよびサービスモデルは、フローで相互作用するエージェントの表現です。デバイスおよびサービスモデルは、 フロー内で相互に相互作用するデバイスやサービス。 AWS IoT Things Graph 定義することができます 機器およびサービスの相互作用を、 さまざまなメーカーが製造するデバイス。

フロー

フロー(またはワークフロー)は、 デバイス モデル および サービス. フローは、トリガーイベント後にデバイスとサービスが相互にどのように相互作用するかを定義します 発生する。フローは、これらの相互作用を一連のステップとしてリストします。各ステップには、 デバイスまたはウェブサービスに対するアクション、および関連する入力と出力 そのアクションから フローは、 機器とサービス。

詳細については、以下を参照してください。 フローの仕組み.

マッピング

マッピングは、 AWS IoT Things Graph 出力メッセージを変換します。 フロー内の次のデバイスに対して、1 つのデバイスを期待されるフォーマットに。マッピングブリッジ 機器間の違いを見極め、連携できるようにします。マッピングにより、 さまざまなメーカーのさまざまなデバイスを使用する IoT アプリケーション。

方法 AWS IoT Things Graph 機能

以下の手順に従って、 AWS IoT Things Graph 流れます。


        公開されたフローは、デプロイ用に構成されてからデプロイされます。

ステップ1: フローの作成

ビルド デバイスとウェブサービスモデルをモデルライブラリからフローにドラッグすることで、フローを デザイナー。(このページは、 ページを選択し、次に フロー)

モデルライブラリには、 AWS IoT Things Graph 公開されました(公開 モデル)、および作成したモデル(プライベート モデル)。プライベートモデルのみ表示 皆さんへ。モデル出力を他の社員の適切なインプットと関連付け、相互作用を定義する モデル。選択 公開 フローを保存し、 展開できるフローです。

ステップ2: フロー構成の作成

表示される次のページでは、デプロイメントターゲット(クラウドまたはグリーングラス)とマップを設定します。 レジストリ内のデータを、フロー内のデバイスに登録します。

ターゲットの構成

フロー構成を作成するときは、次の操作を行います。

  • クラウドデプロイの場合、フローアクションARNを指定します。これは IAM 役割を AWS IoT Things Graph は、フローがクラウドで実行されるときに使用されます。

  • 対象: AWS IoT Greengrass 設定するには、 AWS IoT Greengrass グループ(アプリケーションが実行される場所)を選択します。また、 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットを使用して、アプリケーション構成を保存します。 AWS IoT Greengrass は、起動時に取得できます。

クラウド

AWS IoT Greengrass

マッピングする

フロー構成を作成するとき、レジストリから次の内容を選択します。 は、フローの各デバイスモデルに対応しています。

ステップ3: 展開

デプロイメントを構成した後、アプリケーションをクラウドまたは AWS IoT Greengrass有効デバイス。

AWS IoT Things Graph フローとその依存関係をパッケージ化し、クラウドにプッシュします。 または AWS IoT Greengrass有効デバイス。 AWS IoT Things Graph 現地における相互関係を管理する 接続したデバイス。

どのように始めるのですか?

の既存のデバイスおよびデバイスモデルの詳細 AWS IoT Things Graph コンソール フローで使用したいフローが使用可能かどうかを確認できます。ご希望のモデルが利用できない場合は、 AWS IoT Things Graph コンソール.

モデルと Webサービス。次に、フローをデプロイします。

フローの仕組みの詳細については、以下を参照してください。 フローの仕組み. この仕組みを示す例については、以下を参照してください。 入手する で開始 AWS IoT Things Graph.