を使用して、ログストリーミングで CloudWatch ログイベントを操作AWS Toolkit for Visual Studio Code - AWS Toolkit for VS Code

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用して、ログストリーミングで CloudWatch ログイベントを操作AWS Toolkit for Visual Studio Code

開いた後、ログスチームエディタを使用すると、各ストリーミングのログイベントにアクセスできます。ログイベントは、モニタリングされているアプリケーションまたはリソースによって記録されたアクティビティのレコードです。

ログストリーミング情報の表示とコピー

ログストリームを開くと、[ログストリーム]エディタは、そのストリーミングのログイベントのシーケンスを表示します。

  1. 表示するログストリーミングを探す場合、[ログストリーム]エディター (を参照)CloudWatch ロググループとログストリーミングの表示).

    イベントをリストする各行にはタイムスタンプがつき、ログに記録された時刻を示します。

  2. 次のオプションを使用して、ストリーミングのイベントに関する情報を表示およびコピーできます。

    • イベントを時間別に表示: を選択して、最新および古いログイベントを表示します。新しいイベントをロードまたは古いイベントを読み込む

      注記

      [ログストリーミング]エディタは最新の 10,000 行のログイベントまたは 1 MB のログデータ (どちらか小さい方) のバッチを最初にロードします。新しいイベントをロードを選択すると、最後のバッチをロードした後にログに記録されたイベントをエディタが表示します。古いイベントをロードを選択すると、現在表示されているイベントの前に発生したイベントのバッチをエディタが表示します。

    • ログイベントのコピー: コピーするイベントを選択し、右クリックして選択します。コピー[] メニューから [] を選択します。

    • ログストリームの名前をコピーします。タブを右クリックします。[ログストリーム]エディタを選択し、[ログストリーム名をコピー]

      注記

      また、 を使用することもできますコマンドパレットを実行AWS: [ログストリーム名をコピー]

ログストリーミングエディタのコンテンツをローカルファイルに保存します。

CloudWatch ログストリーミングエディタのコンテンツをlogローカルマシン上のファイルにダウンロードできます。

注記

このオプションを使用すると、ログストリーミングエディタに現在表示されているログイベントのみをファイルに保存します。たとえば、ログストリーミングの合計サイズが 5 MB で、エディタに 2 MB しかロードされていない場合、保存されたファイルには 2 MB のログデータしか含まれません。保存するデータをさらに表示するには、エディタで新しいイベントをロードまたは古いイベントをロードを選択します。

  1. コピーするログストリーミングを探す場合、ログストリームエディター (を参照)CloudWatch ロググループとログストリーミングの表示).

  2. [保存ログストリームの名前を表示するタブの横にあるアイコン。

    注記

    また、 を使用することもできますコマンドパレットを実行AWS: 現在のログストリームコンテンツの保存

  3. ダイアログボックスを使用して、ログファイルのダウンロードフォルダを選択または作成し、[Save]をクリックします。