CustomStepDetails - AWS Transfer Family

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CustomStepDetails

各ステップタイプに独自の StepDetails 構造があります。

目次

Name

識別子として使用されるステップの名前。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 30 です。

パターン: [\w-]*

必須: いいえ

SourceFileLocation

ワークフローステップへの入力として使用するファイル (前のステップからの出力、またはワークフロー用に最初にアップロードされたファイル) を指定します。

  • 前のファイルを入力として使用するには、${previous.file} と入力します。この場合、このワークフローステップは前のワークフローステップの出力ファイルを入力として使用します。これは、デフォルト値です。

  • 最初にアップロードされたファイルの場所をこのステップの入力として使用するには、${original.file} と入力します。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 256 です。

パターン: \$\{(\w+.)+\w+\}

必須: いいえ

Target

呼び出される Lambda 関数の ARN。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 170 です。

パターン: arn:[a-z-]+:lambda:.*

必須: いいえ

TimeoutSeconds

ステップのタイムアウト値 (秒単位)。

型: 整数

有効範囲: 最小値 は 1 最大値は 1,800 です。

必須: いいえ

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。