ExecutionError - AWS Transfer Family

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ExecutionError

ワークフローの実行中に発生するエラーについて、エラーメッセージとタイプを指定します。

目次

Message

ErrorType に対応する記述的なメッセージを指定します。

型: 文字列

必須: はい

Type

エラータイプを指定します。

  • ALREADY_EXISTS: 上書きオプションが選択されておらず、同じファイルが既にコピー先のインスタンスに同じファイルが存在している場合、これはコピーステップで発生します。

  • BAD_REQUEST: 一般的な不正なリクエスト:たとえば、EFS ファイルにタグを付けようとするステップでは、S3ファイルにしかタグを付けることができないため、BAD_REQUESTが返されます。

  • CUSTOM_STEP_FAILED: カスタムステップが失敗を示すコールバックを提供したときに発生します。

  • INTERNAL_SERVER_ERROR: さまざまな理由で発生する可能性があります。

  • NOT_FOUND: コピーステップのソースファイルなど、要求されたエンティティが存在しない場合に発生します。

  • PERMISSION_DENIED: ワークフローの 1 つ以上のステップを完了するための正しいアクセス許可がポリシーに含まれていない場合に発生します。

  • TIMEOUT: 実行がタイムアウトになったときに発生します。

    注記

    1 秒から 1,800 秒 ( 30 分 ) までのカスタムステップのTimeoutSecondsを設定することができます。

  • THROTTLED: 1 秒あたり 1 つのワークフローという新しい実行リフィル率を超えた場合に発生します。

型: 文字列

有効な値: PERMISSION_DENIED | CUSTOM_STEP_FAILED | THROTTLED | ALREADY_EXISTS | NOT_FOUND | BAD_REQUEST | TIMEOUT | INTERNAL_SERVER_ERROR

必須: はい

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。