AWS Transfer for SFTP とは - AWS Transfer for SFTP

AWS Transfer for SFTP とは

AWS Transfer for SFTP (AWS SFTP) は完全マネージド型の AWS サービスで、Secure File Transfer Protocol (SFTP) を使用して Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) との間でファイルを転送します。SFTP は、Secure Shell (SSH) ファイル転送プロトコルとも呼ばれています。SFTP は、金融サービス、医療、広告、リテールなどのさまざまな業界間におけるデータ交換ワークフローに使用されます。

AWS SFTP の一般的ユースケースは以下のとおりです。

  • ベンダーやパートナーなどのサードパーティからのアップロード用の AWS のデータレイク。

  • 顧客によるサブスクリプション型のデータ分散。

  • 組織内の内部転送。

AWS SFTP を使用することで、サーバーインフラストラクチャを運用することなく、AWS で SFTP サーバーにアクセスできます。このサービスを使用すると、エンドユーザーのクライアントと設定をそのまま維持しながら、SFTP ベースのワークフローを AWS に以降できます。最初にホスト名を SFTP サーバーエンドポイントに関連付けてから、ユーザーを追加して、適切なアクセスレベルをプロビジョニングします。これにより、ユーザーの転送リクエストが AWS SFTP サーバーエンドポイントから直接提供されます。

AWS SFTP には次の利点があります。

  • ニーズに合わせてリアルタイムでスケーリングが可能なフルマネージドサービス。

  • アプリケーションを変更したり、SFTP インフラストラクチャを運用する必要はありません。

  • データは耐久性のある Amazon S3 ストレージに格納されるため、処理、分析、レポート、監査、およびアーカイブ機能にネイティブ AWS のサービスを使用できます。

  • 前払い料金はなく、サービスの使用料金のみを支払います。

AWS SFTP のさまざまな機能の説明、SFTP サーバーを設定して使用する方法の詳細手順、さまざまなタイプの ID プロバイダーモードを使用する方法、トラブルシューティングのヒント、およびサービスの API リファレンスについては、以下のページを参照してください。

AWS SFTP の使用を開始するには、以下を参照してください。