プールから CIDR のプロビジョニングを解除するには - Amazon Virtual Private Cloud

プールから CIDR のプロビジョニングを解除するには

IPAM プールの CIDR のプロビジョニングを解除するには、このセクションのステップに従います。すべてのプール CIDR のプロビジョニングを解除すると、そのプールを割り当てに使用できなくなります。割り当てにプールを使用するには、まずプールに新しい CIDR をプロビジョニングする必要があります。

重要

プール内に割り当てがある場合、CIDR のプロビジョニングを解除することはできません。割り当てを削除するには、割り当ての解除 を参照してください。

AWS Management Console

プール CIDR のプロビジョニングを解除するには

  1. IPAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/ipam/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Pools] (プール) を選択します。

  3. コンテンツペインの上部にあるドロップダウンメニューから、使用するスコープを選択します。スコープの詳細については、IPAM の仕組みを参照してください。

  4. コンテンツペインで、プロビジョニングを解除する CIDR を選択します。

  5. [CIDRs] (CIDR) タブを選択します。

  6. 1 つまたは複数のCIDR を選択し、[Deprovision CIDRs] (CIDR のプロビジョニング解除) を選択します。

  7. [Deprovision CIDR] (CIDR のプロビジョニング解除) を選択します。

Command line

このセクションのコマンドは、AWS CLI リファレンスドキュメントに関連しています。ドキュメントには、コマンドの実行時に使用できるオプションの詳細な説明が記載されています。

プール CIDR のプロビジョニングを解除するには、次の AWS CLI コマンドを使用します。

  1. IPAM プール ID を取得する: describe-ipam-pools

  2. 現在のプールの CIDR を表示する: get-ipam-pool-cidrs

  3. CIDR のプロビジョニングを解除する: deprovision-ipam-pool-cidr

  4. 更新された CIDR を表示する: get-ipam-pool-cidrs

プールに新しい CIDR をプロビジョニングするには、プールから CIDR のプロビジョニングを解除するには を参照してください。プールを削除する場合は、プールを削除する を参照してください。