エンドポイントサービス設定を変更 - Amazon Virtual Private Cloud

エンドポイントサービス設定を変更

エンドポイントサービス設定を変更するには、エンドポイントサービスに関連付けられたロードバランサーを変更したり、エンドポイントサービスへの接続リクエストに承諾を必要とするかどうかを変更したりします。

エンドポイントサービスにエンドポイントがアタッチされている場合、ロードバランサーの関連付けを解除することはできません。

Console

エンドポイントサービスのロードバランサーを変更するには

  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoint Services (エンドポイントサービス)] を選択します。

  3. エンドポイントサービスを選択し、[アクション][ロードバランサーの関連付けまたは関連付けの解除] の順に選択します。

  4. 必要に応じてロードバランサーを選択または選択解除し、[変更を保存] を選択します。

承諾の設定を変更するには

  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Endpoint Services (エンドポイントサービス)] を選択します。

  3. エンドポイントサービスを選択し、[アクション][エンドポイント承諾設定を変更] の順に選択します。

  4. [承諾が必要] を選択または選択解除してから、[変更を保存] を選択します。

AWS CLI

エンドポイントサービスのロードバランサーを変更するには

modify-vpc-endpoint-service-configuration を使用します。次の例では、--remove-network-load-balancer-arn パラメータを使用して Network Load Balancer を削除します。

aws ec2 modify-vpc-endpoint-service-configuration --service-id vpce-svc-09222513e6e77dc86 --remove-network-load-balancer-arn arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/net/nlb-vpce/e94221227f1ba532

承諾が必要かどうかを変更するには

modify-vpc-endpoint-service-configuration コマンドを使用し、--acceptance-required または --no-acceptance-required を指定します。

aws ec2 modify-vpc-endpoint-service-configuration --service-id vpce-svc-09222513e6e77dc86 --no-acceptance-required
Tools for Windows PowerShell

エンドポイントサービス設定を変更するには

Edit-EC2VpcEndpointServiceConfiguration を使用します。

API

エンドポイントサービス設定を変更するには

ModifyVpcEndpointServiceConfiguration を使用します。