Amazon Virtual Private Cloud
ユーザーガイド

シナリオと例

このセクションでは、Amazon VPC コンソールでの VPC ウィザードの使用方法などの、VPC の作成と設定の例について説明します。

シナリオ 使用

シナリオ 1: 単一のパブリックサブネットを持つ VPC

VPC ウィザードを使用して、ブログやシンプルなウェブサイトなど、シングルレイヤーの一般公開ウェブアプリケーションを実行する VPC を作成します。

シナリオ 2: パブリックサブネットとプライベートサブネットを持つ VPC (NAT)

2 番目のサブネットで非公開でアクセス可能なバックエンドサーバーを維持しながら、VPC ウィザードを使用して一般公開ウェブアプリケーションを実行する VPC を作成します。

シナリオ 3: パブリックサブネット、プライベートサブネット、および AWS Site-to-Site VPN アクセスを持つ VPC

VPC ウィザードを使用して、データセンターをクラウドに拡張するための VPC を作成し、VPC からインターネットに直接アクセスします。

シナリオ 4: 1 つのプライベートサブネットのみ、および AWS Site-to-Site VPN アクセスを持つ VPC

VPC ウィザードを使用して、データセンターをクラウドに拡張するための VPC を作成し、ネットワークをインターネットに公開せずに、Amazon のインフラストラクチャを利用します。

例: AWS CLI を使用して IPv4 VPC とサブネットを作成

AWS CLI を使用して、パブリックサブネットとプライベートサブネットを持つ VPC を作成します。

例: AWS CLI を使用して IPv6 VPC とサブネットを作成

AWS CLI を使用して、IPv6 CIDR ブロックに関連付けられた VPC を作成し、その VPC 内に IPv6 CIDR ブロックに関連付けられたパブリックサブネットとプライベートサブネットを作成します。

例: パブリックサブネットとプライベートサブネットの共有 複数のアカウントでプライベートサブネットとパブリックサブネットを共有します。

例: AWS PrivateLink と VPC ピアリングを使用したサービス

VPC ピアリングと AWS PrivateLink を組み合わせて使用し、プライベートサービスへのアクセスをコンシューマーに拡張する方法について説明します。