AWS Client VPN での耐障害性 - AWS クライアント VPN

AWS Client VPN での耐障害性

AWS のグローバルインフラストラクチャは AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンを中心として構築されます。AWS リージョンには、低レイテンシー、高スループット、そして高冗長性のネットワークで接続されている複数の物理的に独立・隔離されたアベイラビリティーゾーンがあります。アベイラビリティーゾーンでは、ゾーン間で中断することなく自動的にフェイルオーバーするアプリケーションとデータベースを設計および運用することができます。アベイラビリティーゾーンは、従来の単一または複数のデータセンターインフラストラクチャよりも可用性、耐障害性、および拡張性が優れています。

AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの詳細については、「AWS グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。

AWS Client VPN では、AWS グローバルインフラストラクチャに加えて、データの耐障害性とバックアップのニーズに対応するための機能を提供しています。

高可用性対応の複数のターゲットネットワーク

クライアントが VPN セッションを確立できるようにするには、ターゲットネットワークをクライアント VPN エンドポイントに関連付けます。ターゲットネットワークは、VPC のサブネットです。クライアント VPN エンドポイントに関連付ける各サブネットは、異なるアベイラビリティーゾーンに属している必要があります。高可用性を実現するために、複数のサブネットをクライアント VPN エンドポイントに関連付けることができます。