OpenVPN クライアントアプリケーションを使用して接続する - AWS クライアント VPN

OpenVPN クライアントアプリケーションを使用して接続する

次の手順は、OpenVPN ベースの VPN クライアントを使用して VPN 接続を確立する方法を示しています。

開始する前に、クライアント VPN 管理者がクライアント VPN エンドポイントを作成し、クライアント VPN エンドポイント設定ファイルを提供済みであることを確認します。

トラブルシューティング情報については、「Linux のトラブルシューティング」を参照してください。

重要

クライアント VPN エンドポイントが SAML ベースのフェデレーション認証を使用するように設定されている場合、OpenVPN ベースの VPN クライアントを使用してクライアント VPN エンドポイントに接続することはできません。

OpenVPN - ネットワークマネージャー

次の手順は、Ubuntu コンピュータでネットワークマネージャー GUI で、OpenVPN アプリケーションを使用して VPN 接続を確立する方法を示しています。

VPN 接続を確立するには
  1. 次のコマンドを使用して、ネットワークマネージャーモジュールをインストールします。

    sudo apt-get install --reinstall network-manager network-manager-gnome network-manager-openvpn network-manager-openvpn-gnome
  2. [Settings (設定)]、[Network (ネットワーク)] に移動します。

  3. [VPN] の横のプラス記号 (+) を選択し、[Import from file... (ファイルからインポート...)] を選択します。

  4. VPN 管理者から受信した設定ファイルに移動し、[Open (開く)] を選択します。

  5. [VPN の追加] ウィンドウで、[追加] を選択します。

  6. 追加した VPN プロファイルの横にあるトグルを有効にして、接続を開始します。

OpenVPN

次の手順は、Ubuntu コンピュータで OpenVPN アプリケーションを使用し、VPN 接続を確立する方法を示します。

VPN 接続を確立するには
  1. 次のコマンドを使用して OpenVPN をインストールします。

    sudo apt-get install openvpn
  2. VPN 管理者から受け取った設定ファイルをロードして、接続を開始します。

    sudo openvpn --config /path/to/config/file