Windows のトラブルシューティング - AWS クライアント VPN

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Windows のトラブルシューティング

Windows ベースのクライアントを使用してクライアント VPN エンドポイントに接続するときに発生する可能性のある問題についての情報を以下に示します。

AWS が提供するクライアント

AWS が提供するクライアント

AWS が提供するクライアントは、イベントログを作成し、コンピュータ上の次の場所に保存します。

C:\Users\User\AppData\Roaming\AWSVPNClient\logs

次のタイプのログを使用できます。

  • アプリケーションログ: アプリケーションに関する情報が含まれます。これらのログには「aws_vpn_client_」が前に付けられます。

  • OpenVPN ログ: OpenVPN プロセスに関する情報が含まれます。これらのログには「ovpn_aws_vpn_client_」が前に付けられます。

AWS が提供するクライアントは、Windows サービスを使用してルートオペレーションを実行します。Windows サービスログは、コンピュータ上の次の場所に保存されます。

C:\Program Files\Amazon\AWS VPN Client\WinServiceLogs\username

クライアントが接続できない

問題

AWS 提供されたクライアントは、クライアント VPN エンドポイントに接続できません。

原因

この問題の原因として、次のいずれかが考えられます。

  • 別の OpenVPN プロセスがコンピュータ上で既に実行されているため、クライアントが接続できません。

  • 設定 (.ovpn) ファイルが有効ではありません。

ソリューション

コンピュータ上で他の OpenVPN アプリケーションが実行されているかどうか確認します。実行されている場合は、これらのプロセスを停止または終了し、クライアント VPN エンドポイントへの接続を再試行します。OpenVPN ログにエラーがないか確認し、クライアント VPN 管理者に次の情報を確認するよう依頼します。

「TAP-Windows アダプタがありません」というログメッセージが表示されて、クライアントが接続できない

問題

AWS 提供されたクライアントはクライアント VPN エンドポイントに接続できずアプリケーションログに「このシステムには TAP-Windows アダプターがありません。[スタート] -> [すべてのプログラム] -> [TAP-Windows] -> [ユーティリティ] -> [新しい TAP-Windows 仮想イーサネットアダプタの追加] に移動すると、TAP-Windows アダプタを作成できます。

ソリューション

この問題は、次の 1 つまたは複数のアクションを実行することで解決できます。

  • TAP-Windows アダプタを再起動します。

  • TAP-Windows ドライバーを再インストールします。

  • 新しい TAP-Windows アダプタを作成します。

クライアントが再接続状態でスタックしている

問題

AWS 提供されたクライアントはクライアント VPN エンドポイントに接続しようとしていますが、再接続状態でスタックしています。

原因

この問題の原因として、次のいずれかが考えられます。

  • コンピュータがインターネットに接続されていません。

  • DNS ホスト名が IP アドレスに解決されていません。

  • OpenVPN プロセスがエンドポイントに無期限に接続しようとしています。

ソリューション

コンピュータがインターネットに接続されていることを確認します。クライアント VPN 管理者に、設定ファイル内の remote ディレクティブが有効な IP アドレスに解決されていることを確認するよう依頼します。VPN クライアントウィンドウで切断を選択して AWS VPN セッションを切断し、再度接続を試みることもできます。

VPN 接続プロセスが予期せずに終了する

問題

クライアント VPN エンドポイントへの接続中に、クライアントが予期せずに終了します。

原因

TAP-Windows がコンピュータにインストールされていません。このソフトウェアは、クライアントを実行するために必要です。

ソリューション

AWS 提供されたクライアントインストーラーを再実行して、必要な依存関係をすべてインストールします。

アプリケーションが起動しない

問題

Windows 7 では、 AWS 提供のクライアントは、開こうとすると起動しません。

原因

.NET Framework 4.7.2 以降がコンピュータにインストールされていません。これは、クライアントを実行するために必要です。

ソリューション

AWS 提供されたクライアントインストーラーを再実行して、必要な依存関係をすべてインストールします。

クライアントがプロファイルを作成できない

問題

AWS が提供するクライアントを使用してプロファイルを作成しようとすると、次のエラーが表示されます。

The config should have either cert and key or auth-user-pass specified.
原因

クライアント VPN エンドポイントが相互認証を使用する場合、設定 (.ovpn) ファイルにクライアント証明書とキーは含まれていません。

ソリューション

クライアント VPN 管理者がクライアント証明書とキーを設定ファイルに追加していることを確認します。詳細については、AWS Client VPN 管理者ガイドの「クライアント設定のエクスポート」を参照してください。

Windows 10または11を使用している Dell PC でクライアントのクラッシュが発生する

問題

Windows 10または11を実行している特定の Dell PC(デスクトップおよびラップトップ)では、ファイルシステムを参照して VPN 設定ファイルをインポートするときにクラッシュが発生することがあります。この問題が発生すると、 AWS 提供されたクライアントのログに次のようなメッセージが表示されます。

System.AccessViolationException: Attempted to read or write protected memory. This is often an indication that other memory is corrupt. at System.Data.SQLite.UnsafeNativeMethods.sqlite3_open_interop(Byte[] utf8Filename, Int32 flags, IntPtr& db) at System.Data.SQLite.SQLite3.Open(String strFilename, SQLiteConnectionFlags connectionFlags, SQLiteOpenFlagsEnum openFlags, Int32 maxPoolSize, Boolean usePool) at System.Data.SQLite.SQLiteConnection.Open() at STCommonShellIntegration.DataShellManagement.CreateNewConnection(SQLiteConnection& newConnection) at STCommonShellIntegration.DataShellManagement.InitConfiguration(Dictionary`2 targetSettings) at DBROverlayIcon.DBRBackupOverlayIcon.initComponent()
原因

Windows 10 および 11 の Dell Backup and Recovery システムは、 AWS 提供されたクライアント、特に次の 3 つの DLLsと競合する可能性があります。

  • DBR ShellExtension.dll

  • DBR OverlayIconBackuped.dll

  • DBR OverlayIconNotBackuped.dll

ソリューション

この問題を回避するには、まずクライアントが AWS 提供されているクライアントの最新バージョンで最新であることを確認します。AWS クライアント VPN のダウンロードに移動し、新しいバージョンが利用可能な場合は、最新バージョンにアップグレードします。

さらに、次のいずれかの操作を行います。
  • Dell Backup and Recovery アプリケーションを使用している場合は、最新であることを確認してください。Dell のフォーラムの投稿によると、この問題は新しいバージョンのアプリケーションで解決されています。

  • Dell Backup and Recovery アプリケーションを使用していない場合は、この問題が発生した場合でも、何らかのアクションを実行する必要があります。アプリケーションをアップグレードしたくない場合は、別の方法として、DLL ファイルを削除するか、名前を変更することもできます。ただし、これにより、Dell Backup and Recovery アプリケーションが完全に機能しなくなります。

DLL ファイルを削除するか、名前を変更します。
  1. Windows Explorer に移動し、Dell Backup and Recovery がインストールされている場所を参照します。通常、次の場所にインストールされますが、検索して見つける必要がある場合があります。

    C:\Program Files (x86)\Dell Backup and Recovery\Components\Shell
  2. インストールディレクトリから次の DLL ファイルを手動で削除するか、名前を変更します。どちらのアクションも、ロードされることを防ぎます。

    • DBR ShellExtension.dll

    • DBR OverlayIconBackuped.dll

    • DBR OverlayIconNotBackuped.dll

    ファイルの名前を変更するには、ファイル名の末尾に「.bak」を追加します。例えば、DBR OverlayIconBackuped.dll.bak です

VPN がポップアップメッセージで切断される

問題

VPN は切断され、「デバイスが接続されているローカルネットワークのアドレス空間が変更されているため、VPN 接続は終了しています。新しい VPN 接続を確立してください。」

原因

TAP-Windows アダプターには、必要な説明は含まれていません。

ソリューション

以下のDescriptionフィールドが一致しない場合は、まず TAP-Windows アダプターを削除してから、 AWS 提供されたクライアントインストーラーを再実行して、必要な依存関係をすべてインストールします。

C:\Users\jdoe> ipconfig /all Ethernet adapter Ethernet 2: Media State . . . . . . . . . . . : Media disconnected Connection-specific DNS Suffix . : Description . . . . . . . . . . . : AWS VPN Client TAP-Windows Adapter V9 Physical Address. . . . . . . . . : 00-FF-50-ED-5A-DE DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes

OpenVPN GUI

次のトラブルシューティング情報は、Windows 10 Home (64 ビット) および Windows Server 2016 (64 ビット) の OpenVPN GUI ソフトウェアのバージョン 11.10.0.0 および 11.11.0.0 でテストされました。

設定ファイルは、コンピュータ上の次の場所に保存されます。

C:\Users\User\OpenVPN\config

接続ログは、コンピュータ上の次の場所に保存されます。

C:\Users\User\OpenVPN\log

OpenVPN 接続クライアント

次のトラブルシューティング情報は、Windows 10 Home (64 ビット) および Windows Server 2016 (64 ビット) の OpenVPN 接続クライアントソフトウェアのバージョン 2.6.0.100 および 2.7.1.101 でテストされました。

設定ファイルは、コンピュータ上の次の場所に保存されます。

C:\Users\User\AppData\Roaming\OpenVPN Connect\profile

接続ログは、コンピュータ上の次の場所に保存されます。

C:\Users\User\AppData\Roaming\OpenVPN Connect\logs

DNS を解決できない

問題

接続が次のエラーで失敗します。

Transport Error: DNS resolve error on 'cvpn-endpoint-xyz123.prod.clientvpn.us-east-1.amazonaws.com (http://cvpn-endpoint-xyz123.prod.clientvpn.us-east-1.amazonaws.com/)' for UDP session: No such host is known.
原因

DNS 名を解決できません。クライアントは、DNS キャッシュを防止するために、DNS 名の前にランダム文字列を付ける必要がありますが、一部のクライアントはこれを行っていません。

ソリューション

AWS Client VPN 管理者ガイドの「クライアント VPN エンドポイント DNS 名を解決できない」の解決策を参照してください。

PKI エイリアスがない

問題

相互認証を使用しないクライアント VPN エンドポイントへの接続は、次のエラーで失敗します。

FATAL:CLIENT_EXCEPTION: connect error: Missing External PKI alias
原因

OpenVPN 接続クライアントソフトウェアには、相互認証を使用して認証を試みる既知の問題があります。設定ファイルにクライアントキーと証明書が含まれていない場合、認証は失敗します。

ソリューション

クライアント VPN 設定ファイルでランダムなクライアントキーと証明書を指定し、新しい設定を OpenVPN 接続クライアントソフトウェアにインポートします。または、OpenVPN GUI クライアント (v11.12.0.0) や Viscosity クライアント (v.1.7.14) などの別のクライアントを使用します。