Site-to-Site VPN 接続オプションの変更 - AWS Site-to-Site VPN

Site-to-Site VPN 接続オプションの変更

Site-to-Site VPN 接続の接続オプションを変更できます。以下のオプションを変更できます。

  • VPN トンネルを介して通信できる VPN 接続のローカル (カスタマーゲートウェイ) 側とリモート (AWS) 側の IPv4 CIDR 範囲。両方の範囲のデフォルトは 0.0.0.0/0 です。

  • VPN トンネルを介して通信できる VPN 接続のローカル (カスタマーゲートウェイ) 側とリモート (AWS) 側の IPv6 CIDR 範囲。両方の範囲のデフォルトは ::/0 です。

VPN 接続オプションを変更しても、AWS 側の VPN エンドポイント IP アドレスは変更されず、トンネルオプションも変更されません。VPN 接続が更新されている間、VPN 接続は一時的に利用できなくなります。

コンソールを使用して VPN 接続オプションを変更するには

  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Site-to-Site VPN Connections (Site-to-Site VPN 接続)] を選択します。

  3. VPN 接続を選択し、[Actions (アクション)]、[Modify VPN Connection Options (VPN 接続オプションの変更)] の順に選択します。

  4. 変更するオプションの新しい値を入力します。

  5. [保存] を選択します。

コマンドラインまたは API を使用して VPN 接続オプションを変更するには