ステップ4: 設定の確認と構成 - AWS WAF、AWS Firewall Manager、および AWS Shield アドバンスド

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ4: 設定の確認と構成

設定を確認および構成するには

  1. Webサイトの追加が終わったら ACLs およびレートベースのルールを ステップ3: レイヤー7の構成 DDoS 軽減コンソール ウィザードが 健全性チェックベースの構成 DDoS 検出 - オプション ページ。健全性チェックに基づく DDoS 検出は、イベントに対する応答性の向上に役立ちます。このオプションについては、「稼働状態チェック・ベースのDDoS検出を構成する」を参照してください。

    このチュートリアルでは、ヘルス チェック ベースの DDoS 検出。

    [] を選択します。

  2. コンソール ウィザードは アラームと通知の作成 - オプション ページ。警報および通告はあなたのリソース上のでき事のために通告されることを可能にする。このオプションについては、「 アラームと通知の作成」を参照してください。

    このチュートリアルでは、アラームや通知は作成しません。

    [] を選択します。

  3. [ レビューと構成 DDoS 緩和と可視性 」ページで、設定を確認します。変更するには、 編集 変更したい領域内にあります。これにより、コンソール ウィザードの関連ページに戻ります。変更を行い、 次へ 後続のページで、 レビューと構成 DDoS 緩和と可視性 ページ。

  4. 選択 構成を終了.

[ 保護されたリソース ページには、新しく保護されたリソースが一覧表示されます。

これで「ステップ5: AWSの構成 DRT サポート」に移動できます。