AWS WAF のクォータ - AWS WAF および AWS Firewall Manager AWS Shield アドバンスド

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS WAF のクォータ

注記

これは AWS WAF の最新バージョンです。AWS WAF Classic については、「AWS WAF Classic」を参照してください。

AWS WAF には、次のクォータが適用されます (以前は制限と呼ばれていました)。これらのクォータは、AWS WAF が利用可能なすべてのリージョンで同じです。各リージョンでは、これらのクォータが個別に適用されます。クォータは、リージョンにまたがって累積されません。

AWS WAF では、アカウントごとに持つことができるエンティティの最大数にデフォルトのクォータがあります。このクォータの引き上げをリクエストできます。

リソース 1 リージョン、1 アカウントあたりのデフォルトのクォータ

ウェブ ACL

100

ルールグループ

100

ウェブ ACL あたりのウェブ ACL キャパシティーユニット (WCU)

1,500

ルールグループあたりの WCU

1,500

IP セット

100

ウェブ ACL あたりの 1 秒あたりのリクエスト(Application Load Balancer にのみ適用)

25,000

CloudFront での AWS WAF で許容される 1 秒あたりのリクエスト (RPS) の最大数は、CloudFront によって設定され、『CloudFront 開発者ガイド』で説明されています。

AWS WAF では、1 リージョン、1 アカウントごとに次のエンティティ設定に対して固定クォータが設定されています。これらのクォータは変更できません。

リソース 1 アカウント、1 リージョンあたりのクォータ
ルールグループごとの (IP セットおよび正規表現パターンセットに対する) 参照の最大数

50

ウェブ ACL ごとの (IP セット、正規表現パターンセット、およびルールグループに対する) 参照の最大数

50

IP セットあたりの CIDR 表記の IP アドレス

10,000

レートベースのルールごとにブロックできる一意の IP アドレス

10,000

文字列一致ステートメントに使用できる最大文字数

200

各正規表現パターンに使用できる最大文字数

200

正規表現セットごとの一意の正規表現パターン

10

正規表現セット

10

検査できるウェブリクエストボディの最大サイズ

8 KB

レートベースのルールに対して定義できる最小リクエスト率

100

AWS WAF では、1 リージョン、1 アカウントあたりのコールに次の固定クォータが設定されています。これらのクォータは、コンソール、CLI、AWS CloudFormation、REST API、SDK など、利用可能な手段を通じてサービスへのコールの合計に適用されます。これらのクォータは変更できません。

コールタイプ 1 アカウント、1 リージョンあたりのクォータ
AssociateWebACL へのコールの最大数

2 秒あたり 1 回のリクエスト

DisassociateWebACL へのコールの最大数

2 秒あたり 1 回のリクエスト

GetWebACLForResource へのコールの最大数

1 秒あたり 1 回のリクエスト

ListResourcesForWebACL へのコールの最大数

1 秒あたり 1 回のリクエスト

個々の Get または List アクションに対するコールの最大数 (他にクォータが定義されていない場合)

1 秒あたり 5 回のリクエスト

個々の CreatePut、または Update アクションへのコールの最大数 (他にクォータが定義されていない場合)

1 秒あたり 1 回のリクエスト