正規表現パターンセットの作成と管理 - AWS WAF、AWS Firewall Manager、および AWS Shield Advanced

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

正規表現パターンセットの作成と管理

正規表現パターンセットは、ルールステートメントで一緒に使用する正規表現のコレクションを提供します。正規表現パターンセットはAWSリソースの使用料金を見積もることができます。

ウェブ ACL またはルールグループで正規表現パターンセットを使用するには、まずAWSリソース、RegexPatternSetを正規表現パターン仕様に置き換えます。次に、正規表現パターンセットルールステートメントをウェブ ACL またはルールグループに追加するときに、このセットを参照します。正規表現パターンセットには、少なくとも1つの正規表現パターンが含まれている必要があります。

正規表現パターンセットに複数の正規表現パターンが含まれている場合、ルールで使用される場合、パターンマッチングはORロジック。つまり、リクエストコンポーネントがセット内のいずれかのパターンに一致する場合、ウェブリクエストはパターンセットルールステートメントと一致します。

AWS WAFは、PCRE ライブラリで使用されるパターン構文をサポートしています。libpcre。ライブラリはPCRE-Perl互換正規表現

正規表現パターンの使用制限

AWS WAFはライブラリのすべての構成をサポートしていません。たとえば、ゼロ幅のアサーションをサポートしていますが、すべてではありません。サポートされている構成の包括的なリストはありません。ただし、有効でない正規表現パターンを指定したり、サポートされていない構文を使用したりすると、AWS WAFAPI はエラーを報告します。

AWS WAFは、以下の PCRE パターンをサポートしていません。

  • 後方参照と部分式取得

  • サブルーチン参照と再帰パターン

  • 条件付きパターン

  • バックトラック制御動詞

  • \C シングルバイトディレクティブ

  • \R 改行一致ディレクティブ

  • \K 一致開始位置リセットディレクティブ

  • コールアウトと埋め込みコード

  • アトミックグループと所有格量指定子