ウェブ ACL と AWS リソースの関連付けまたは関連付けの解除 - AWS WAF、AWS Firewall Manager、および AWS Shield アドバンスド

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ウェブ ACL と AWS リソースの関連付けまたは関連付けの解除

以下を使用できます。 AWS WAF Web ACLを Amazon API Gateway REST API、Application Load Balancer、AWS AppSync GraphQL API のいずれか.

ディストリビューションの作成時や更新時に、ウェブ ACL を CloudFront ディストリビューションに関連付けることができます。詳細については、以下を参照してください。 使用 AWS WAF コンテンツへのアクセス管理Amazon CloudFront 開発者ガイド.

ウェブ ACL を関連づけることができるのは、AWS リージョンに存在する Application Load Balancer のみです。たとえば、AWS Outposts にある Application Load Balancer にウェブ ACL を関連付けることはできません。

複数の関連付けに関する制限

以下の制限に従って、1 つのウェブ ACL を 1 つ以上の AWS リソースに関連付けることができます。

  • 各 AWS リソースを 1 つのウェブ ACL にのみ関連付けることができます。ウェブ ACL と AWS リソースの関係は 1 対多です。

  • ウェブ ACL を 1 つ以上の CloudFront ディストリビューションに関連付けることができます。CloudFront ディストリビューションに関連付けたウェブ ACL を他の AWS リソースタイプに関連付けることはできません。

Web ACLを AWS リソース

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、AWS WAF コンソール(https://console.aws.amazon.com/wafv2/)を開きます。

  2. ナビゲーション ペインで、 ウェブ ACLs.

  3. リソースに関連付けるウェブ ACL を選択します。

  4. [Associated AWS resources (関連付けられた AWS リソース)] タブで [Add AWS resources (AWS リソースの追加)] を選択します。

  5. プロンプトが表示されたら、このウェブ ACL に関連付けるリソースを選択します。Amazon API Gateway REST API、Application Load Balancer、AWS AppSync GraphQL API のいずれか を選択した場合は、リージョンを指定します。

  6. [Add] を選択します。

Web ACL を AWS リソース

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、AWS WAF コンソール(https://console.aws.amazon.com/wafv2/)を開きます。

  2. ナビゲーション ペインで、 ウェブ ACLs.

  3. リソースとの関連付けを解除するウェブ ACL を選択します。

  4. [ 関連するAWSリソース タブ、 選択解除 この Web ACL の関連付けを解除するリソース。

  5. 選択 保存.