ウェブ ACL の使用 - AWS WAF および AWS Firewall Manager AWS Shield アドバンスド

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

ウェブ ACL の使用

ルールやルールグループなど、ウェブ ACL またはウェブ ACL コンポーネントを変更する場合、AWS WAF は、ウェブ ACL とそのコンポーネントが保存および使用されているすべての場所に、変更を伝達します。変更は数秒で適用されますが、変更が一部の場所に到達したが、その他の場所には到達していない場合、一時的に不整合が発生する可能性があります。したがって、たとえばウェブ ACL のブロックルールで参照されている IP セットに IP アドレスを追加する場合、新しいアドレスは一時的に 1 つの場所ではブロックされるが、他の場所では許可される可能性があります。この一時的な不整合が発生するのは、初めて AWS リソースにウェブ ACL を関連付けるときや、リソースにすでに関連付けられているウェブ ACL を変更するときです。通常、このタイプの不整合が発生するのはわずか数秒のみです。