REL05-BP05 クライアントタイムアウトを設定する - AWS Well-Architected Framework

REL05-BP05 クライアントタイムアウトを設定する

タイムアウトを適切に設定し、体系的に検証します。デフォルト値は通常高すぎるため、デフォルト値のままにしないでください。

このベストプラクティスは、クライアント側、つまりリクエストの送信者に当てはまります。

リモート呼び出しに接続タイムアウトとリクエストタイムアウトの両方を設定します。またこの設定は、プロセス全体のすべての呼び出しに一般的に行います。多くのフレームワークには組み込みのタイムアウト機能がありますが、その多くのデフォルト値は無限または高すぎるため、注意が必要です。値が高すぎると、クライアントがタイムアウトの発生を待機している間もリソースが消費され続けるため、タイムアウトの有用性が低下します。値が小さすぎると、再試行されるリクエストが多くなりすぎるため、バックエンドのトラフィックが増加し、レイテンシーが高くなってしまいます。場合によっては、すべてのリクエストが再試行されることになるため、完全な機能停止につながる恐れもあります。

Amazon がタイムアウト、再試行、およびジッターによるバックオフを使用する方法について詳しくは  Amazon Builders' Library の「ジッターを伴うタイムアウト、再試行、およびバックオフ」.

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

  • リモート呼び出しに接続タイムアウトとリクエストタイムアウトの両方を設定します。またこの設定は、プロセス全体のすべての呼び出しに一般的に行います。多くのフレームワークには組み込みのタイムアウト機能がありますが、その多くのデフォルト値は無限または高すぎるため、注意が必要です。値が高すぎると、クライアントがタイムアウトの発生を待機している間もリソースが消費され続けるため、タイムアウトの有用性が低下します。値が小さすぎると、再試行されるリクエストが多くなりすぎるため、バックエンドのトラフィックが増加し、レイテンシーが高くなってしまいます。場合によっては、すべてのリクエストが再試行されることになるため、完全な機能停止につながる恐れもあります。

リソース

関連するドキュメント:

関連動画: