OPS05-BP10 統合とデプロイを完全自動化する - AWS Well-Architected Framework

OPS05-BP10 統合とデプロイを完全自動化する

ワークロードのビルド、デプロイ、テストを自動化します。これにより、手動プロセスによって発生するエラーと、変更をデプロイする労力を減らすことができます。

一貫したタグ付け戦略に従って リソースタグ および AWS Resource Groups を使用して メタデータを適用し、 リソースの識別を可能にします。組織、原価計算、アクセスコントロールのリソースにタグを付け、自動化された運用アクティビティの実行に的を絞ります。

期待される成果: デベロッパーはツールを使用してコードを提供し、本番環境に移行できます。デベロッパーは AWS Management Console にログインする必要なく、更新を提供できます。変更と設定についての完全な監査証跡があるため、ガバナンスとコンプライアンスのニーズを満たせます。プロセスは反復可能であり、複数チーム間で標準化できます。デベロッパーは開発とコードのプッシュに注力する時間ができるため、生産性が向上します。

一般的なアンチパターン:

  • 金曜日に、機能ブランチ用の新しいコードの作成を完了します。月曜日になって、コード品質テストスクリプトと各ユニットテストスクリプトを実行した後、予定された次のリリースに向けてコードをチェックインします。

  • 本番環境の多数のお客様に影響を及ぼす重要な問題の修正のコーディング作業を担当することになります。この修正をテストした後、コードと E メールの変更管理をコミットして、本番環境でのデプロイに向けて承認をリクエストします。

  • デベロッパーは、AWS Management Console にログインして、標準以外の方法やシステムを使用して新しい開発環境を作成します。

このベストプラクティスを活用するメリット: 自動化された構築およびデプロイ管理システムを実装することで、手動プロセスが原因で発生するエラーを削減し、変更をデプロイする労力を低減して、チームメンバーがビジネス価値の実現に注力できるようにします。本番環境への移行の提供が高速化します。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

構築およびデプロイ管理システムを使用して、変更を追跡、実装し、手動プロセスが原因で発生するエラーと労力を低減できます。コードのチェックインから、ビルド、テスト、デプロイ、検証を通じて統合とデプロイのパイプラインを完全自動化します。これにより、リードタイムが短縮され、変更頻度が増加し、労力が軽減され、市場投入までの時間が短縮され、生産性が向上し、本番環境に移行する際のコードのセキュリティが強化されます。

リソース

関連するベストプラクティス:

関連するドキュメント:

関連動画: