SUS06-BP01 持続可能性の改善を迅速に導入できる方法を採用する - AWS Well-Architected Framework

SUS06-BP01 持続可能性の改善を迅速に導入できる方法を採用する

改善の可能性の検証、テストコストの最小化、小規模な改善の提供を行う手段やプロセスを導入します。

一般的なアンチパターン:

  • 持続可能性についてアプリケーションをレビューするのは、プロジェクトの開始時に 1 回だけである。

  • リリースプロセスが複雑すぎてリソース効率化のための小規模な変更を導入しづらいため、ワークロードが古くなった。

  • 持続可能性のためにワークロードを改善する仕組みがない。

このベストプラクティスを活用するメリット: 持続可能性に関する改善を導入および追跡するプロセスを確立することで、継続的に新しい機能や能力を導入し、問題を排除して、ワークロードの効率を向上させることができます。

このベストプラクティスが確立されていない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

本稼働環境にデプロイする前に、持続可能性を改善できるかをテストして検証します。改善に際して将来的に起こりうる利点を計算する際のテストにかかるコストを考慮します。低コストのテスト方法を開発し、小規模な改善を実施します。

実装手順

  • 組織の持続可能性目標の理解と周知: 二酸化炭素削減やウォータースチュワードシップなど、組織の持続可能性目標を理解します。これらの目標をクラウドワークロードの持続可能性要件に変換します。これらの要件を主なステークホルダーに伝えます。

  • 持続可能性要件のバックログへの追加: 持続可能性の改善に関する要件を開発バックログに追加します。

  • 反復と改善: 反復的な改善プロセスを使用して、これらの改善を特定、評価、優先順位付け、テスト、デプロイします。

  • 実用最小限の製品 (MVP) を使用したテスト: 最小限に実行可能である代表的なコンポーネントを使用して、潜在的な改善を開発およびテストし、テストのコストと環境への影響を削減します。

  • プロセスの合理化: 開発プロセスを継続的に改善および合理化します。例えば、継続的な統合および配信 (CI/CD) パイプラインを使用してソフトウェア配信プロセスを自動化して、工数レベルを削減し手動プロセスで発生するエラーを減らす可能性のある改善をテストしデプロイします。

  • トレーニングと啓発: チームメンバーを対象にトレーニングプログラムを実施して、持続可能性、および活動が組織の持続可能性目標にどのように影響するかについて教育します。

  • 評価と調整: 改善の影響を継続的に評価し、必要に応じて調整します。

リソース

関連するドキュメント:

関連動画:

関連する例: