OPS04-BP04 依存関係のテレメトリーを実装する - 運用上の優秀性の柱

OPS04-BP04 依存関係のテレメトリーを実装する

依存するリソースの状態 (到達可能性や応答時間など) に関する情報を出力するようにワークロードを設計および設定します。外部依存関係の例としては、外部データベース、DNS、ネットワーク接続などがあります。この情報を使用して、応答が必要とされるタイミングを特定します。

一般的なアンチパターン:

  • アプリケーションにアクセスできない理由が DNS の問題であるかどうかを判断するには、手動で DNS プロバイダーが動作しているかどうかを確認する必要があります。

  • ショッピングカートアプリケーションはトランザクションを完了できません。クレジットカード処理プロバイダーの問題であるかどうかを確認するには、そのプロバイダーに連絡する必要があります。

このベストプラクティスを活用するメリット: 依存関係の状態を理解することで、必要に応じて対応できます。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル: ミディアム

実装のガイダンス

リソース

関連するドキュメント: