PERF06-BP03 ワークロードのパフォーマンスを時間とともに進化させる - パフォーマンス効率の柱

PERF06-BP03 ワークロードのパフォーマンスを時間とともに進化させる

組織として、評価プロセスを通じて収集した情報を使用し、新しいサービスまたはリソースが利用可能になるときに、それらの導入を積極的に推進します。

新しいサービスやテクノロジーを評価する際に収集する情報を使用して、変化を促進します。ビジネスまたはワークロードの変化に伴い、パフォーマンスのニーズも変化します。ワークロードメトリクスから収集されたデータを利用して、効率性やパフォーマンスが最も改善する領域を見極め、新しいサービスとテクノロジーを積極的に採用して需要に対応します。

一般的なアンチパターン:

  • 現在のアーキテクチャが静的なものとなり、時間が経過しても更新されることはないと想定している。

  • メトリクスに基づく理由なしで、時間の経過とともにアーキテクチャの変更を導入する。

  • 業界の他のすべての会社が使用しているというだけの理由で、アーキテクチャを変更する。

このベストプラクティスを活用するメリット: ワークロードのパフォーマンスとコストを最適化するには、利用可能なすべてのソフトウェアとサービスを評価して、ワークロードに適したソフトウェアとサービスを判断する必要があります。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

ワークロードを時間とともに進化させる: 新しいサービスやテクノロジーを評価する際に収集する情報を使用して、変化を促進します。ビジネスまたはワークロードの変化に伴い、パフォーマンスのニーズも変化します。ワークロードメトリクスから収集したデータを使用して、効率性またはパフォーマンスで最大の効果を得られる領域を見極め、新しいサービスとテクノロジーを積極的に取り入れて需要に対応します。

リソース

関連ドキュメント:

関連動画:

関連サンプル: