PERF06-BP01 新しいリソースとサービスに関する最新情報を常に入手する - パフォーマンス効率の柱

PERF06-BP01 新しいリソースとサービスに関する最新情報を常に入手する

新しいサービス、設計パターン、製品が利用可能になったら、パフォーマンスの向上方法を検討します。評価、社内でのディスカッション、または外部分析を通じて、これらのリリースとサービスのどれがワークロードのパフォーマンスまたは効率性を向上させるかを判断します。

ワークロードに関連するアップデート、新しい機能、サービスを評価するプロセスを定義します。例えば、新テクノロジーを使用する PoC (概念実証) の構築や内部グループとの協議などのプロセスが考えられます。新しいアイデアやサービスを試す場合、パフォーマンステストを実施して、ワークロードのパフォーマンスへの影響を測定します。Infrastructure as Code (IaC) と DevOps の利点を活用して、新しいアイデアやテクノロジーを頻繁に、最低限のコストやリスクでテストします。

期待される成果: コンポーネントのインベントリ、設計パターン、ワークロードの特徴を文書化しました。この文書を使用して、サブスクリプションの一覧を作成し、サービスのアップデート、機能、新製品の情報をチームに通知します。新しいリリースを評価しビジネスへの影響と優先順位に関するレコメンデーションを提供する、コンポーネントの関係者を特定しました。

一般的なアンチパターン:

  • 新しいオプションやサービスを検討するのは、ワークロードがパフォーマンス要件を満たせなくなったときだけである。

  • すべての新製品がワークロードにとって有益であるわけではないと考えている。

  • ワークロードを改善する際は、製品を選ぶことはせず、常に内部で構築している。

このベストプラクティスを活用するメリット: 新しいサービスまたは製品を検討することで、ワークロードのパフォーマンスと効率の改善、インフラストラクチャコストの低減、およびサービスのメンテナンスに必要な工数の削減を行うことでできます。

このベストプラクティスが確立されていない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

AWS のアップデート、新しい機能、サービスを評価するプロセスを定めます。たとえば、新しいテクノロジーを使用した概念実証を構築します。新しいアイデアまたはサービスを試す際は、パフォーマンステストを実施して、ワークロードの効率性、またはパフォーマンスに対する影響を測定します。AWS が持つ柔軟性を活用し、最小限のコストとリスクで新しいアイデアやテクノロジーを頻繁にテストします。

実装手順

  1. ワークロードソリューションを文書化します。設定管理データベース (CMDB) ソリューションを使用して、インベントリを文書化し、サービスと依存関係を分類します。AWS Config などの ツールを使用して、 ワークロードで使用されている AWS のすべてのサービスを一覧化します。

  2. タグ付け戦略を 使用して、 各ワークロードコンポーネントとカテゴリの所有者を文書化します。例えば、現在データベースソリューションとして Amazon RDS を使用している場合、データベース管理者 (DBA) を割り当てて、新しいサービスとアップデートの評価と調査の所有者として文書化します。

  3. ワークロードコンポーネントに関連するニュースとアップデートソースを特定します。前述の Amazon RDS の例では、カテゴリの所有者は、 AWS の最新情報ブログを購読して、 ワークロードコンポーネントに適した製品の情報を入手する必要があります。RSS フィードを購読したり、E メールサブスクリプションを 管理したりして、購読できます。使用している Amazon RDS データベースのアップグレード、新しく導入される機能、リリースされるインスタンス、Amazon Aurora Serverless などの新製品をモニタリングします。業界ブログ、製品、コンポーネントが依存しているベンダーをモニタリングします。

  4. アップデートと新しいサービスの評価プロセスを文書化します。アップデートと新しいサービスを調査、テスト、実験、検証する時間と場所をカテゴリの所有者に与えます。文書化したビジネスの要件と KPI を参照して、どのアップデートがビジネスにメリットをもたらすかの優先順位を付けます。

実装計画に必要な工数レベル: このベストプラクティスを採用するには、現在のワークロードコンポーネントを把握し、カテゴリ所有者およびサービスアップデートのソースを特定する必要があります。実装開始時の工数レベルは低いものの、このベストプラクティスは長期間にわたって発展し改善しうる継続的なプロセスです。

リソース

関連するドキュメント:

関連動画:

関連サンプル: