PERF02-BP01 使用可能なコンピューティングオプションを評価する - パフォーマンス効率の柱

PERF02-BP01 使用可能なコンピューティングオプションを評価する

インスタンス、コンテナ、関数などのさまざまなコンピューティングオプションを使用することで、ワークロードにどのようなメリットがあるかを理解します。

期待される成果: 利用できるすべてのコンピューティングオプションを理解することにより、パフォーマンスを高め、不要なインフラストラクチャコストを削減し、ワークロードの維持に必要な運用労力を低減するための機会に気付くことができます。また、新しいサービスや機能をデプロイする際に、市場投入までの時間を短縮できます。

一般的なアンチパターン:

  • 移行後のワークロードで、オンプレミスで使用していたコンピューティングソリューションをそのまま使用する。

  • クラウドコンピューティングソリューションや、そうしたソリューションがコンピューティング性能の向上にどのように役立つかについての認識が足りない。

  • ワークロードの特性により的確に適合する代替のコンピューティングソリューションがあるにもかかわらず、スケーリングやパフォーマンスの要件を満たすために既存のコンピューティングソリューションのサイズを大きくしすぎる。

このベストプラクティスを活用するメリット: コンピューティング要件を特定し、利用できるコンピューティングソリューションを評価することにより、ビジネスステークホルダーやエンジニアリングチームが、選択したコンピューティングソリューションを使用することの利点や制限を理解できます。選択したコンピューティングソリューションは、ワークロードのパフォーマンス基準に適合している必要があります。主な基準には、処理の必要性、トラフィックパターン、データアクセスパターン、スケーリングの必要性、レイテンシー要件があります。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

ワークロードにメリットをもたらし、パフォーマンス要件を満たす仮想化、コンテナ化、マネジメントのソリューションを理解します。1 つのワークロードには、複数の種類のコンピューティングソリューションを含めることができます。コンピューティングソリューションにはぞれぞれ、異なる特徴があります。ワークロードのスケールとコンピューティング要件を基に、コンピューティングソリューションを選択し、ニーズを満たすように構成できます。クラウドアーキテクトは、インスタンス、コンテナ、関数の長所と短所を学ぶ必要があります。次の手順では、ワークロードの特性とパフォーマンス要件に合ったコンピューティングソリューションを選択する方法を詳しく説明しています。

タイプ サーバー コンテナ 関数
AWS のサービス Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS), Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) AWS Lambda
主な特徴 ハードウェアライセンス要件、プレイスメントオプション、またコンピューティングメトリクスに基づくさまざまなインスタンスファミリーの幅広い選択肢のための専用オプションがある デプロイが簡単、環境に一貫性がある、EC2 インスタンス上で運用、スケーリングが可能 ランタイムが短い (15 分以下)、メモリおよび CPU の上限は他のサービスほど高くない、マネージドハードウェア層、何百万の同時リクエストに対応してスケーリング
一般的なユースケース リフトアンドシフトの移行、モノリシックなアプリケーション、ハイブリッド環境、エンタープライズアプリケーション マイクロサービス、ハイブリッド環境 マイクロサービス、イベント駆動型アプリケーション

実装手順:

  1. PERF05-BP06 ネットワーク要件に基づいてワークロードのロケーションを選択する」セクションを評価して、コンピューティングソリューションを配置する場所を選択します。この場所により、使用できるコンピューティングソリューションのタイプが制限されます。

  2. 場所の要件とアプリケーション要件に適したコンピューティングソリューションのタイプを特定します。 

    1. Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)  仮想サーバーインスタンスにはさまざまなファミリーとサイズがあります。またソリッドステートドライブ (SSD)、グラフィック処理ユニット (GPU) などさまざまな機能が使用できます。EC2 インスタンスは、インスタンスの選択において最大の柔軟性を提供します。EC2 インスタンスを起動する場合、指定するインスタンスタイプによって、インスタンスのハードウェアが決まります。インスタンスタイプごとに、コンピューティング、メモリ、ストレージの機能が異なります。インスタンスタイプは、これらの機能に基づいてインスタンスファミリーにグループ分けされます。一般的なユースケースには、エンタープライズアプリケーションの運用、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、機械学習アプリケーションのトレーニングおよびデプロイ、クラウドネイティブアプリケーションの運用などがあります。

    2. Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)  はフルマネージド型のコンテナオーケストレーションサービスで、AWS Fargate を使用したサーバーレスインスタンスまたは EC2 インスタンスでクラスターを構成し、コンテナを自動的に実行および管理できるようにします。Amazon ECS は Amazon Route 53、Secrets Manager、AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon CloudWatch などのサービスと併せて使用できます。Amazon ECS は、アプリケーションがコンテナ化されており、エンジニアリングチームが Docker コンテナを好む場合に推奨されます。

    3. Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、フルマネージド型の Kubernetes サービスです。AWS Fargate を使って EKS クラスターを実行することもできるため、サーバーのプロビジョニングと管理が不要になります。Amazon EKS の管理は、Amazon CloudWatch、Auto Scaling グループ、AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) などの AWS のサービスとの統合によって簡素化されています。コンテナを使用する場合、EC2 インスタンスまたは AWS Fargate インスタンスのタイプを選択するためにコンピューティングメトリクスを使用するのと同様に、ワークロードに最も適したタイプを選択するためにコンピューティングメトリクスを使用する必要があります。Amazon EKS は、アプリケーションがコンテナ化されており、エンジニアリングチームが Docker コンテナよりも Kubernetes 好む場合に推奨されます。

    4. 専用のインフラストラクチャで AWS Lambda を使用すると、許可されたランタイム、メモリ、CPU のオプションをサポートするコードを実行できます。コードをアップロードするだけで、AWS Lambda がそのコードの実行とスケーリングに必要となるものすべてを管理します。コードは、他の AWS のサービスから自動的にトリガーするように設定するか、直接呼び出すことができます。Lambda は、クラウド用に開発された実行時間の短いマイクロサービスアーキテクチャに推奨されます。 

  3. 新しいコンピューティングソリューションを試した後、移行を計画し、パフォーマンスメトリクスを検証します。これは継続的なプロセスです。詳細については、 PERF02-BP04 適切なサイジングによって必要な設定を決定するを参照してください。

実装計画に必要な工数レベル: ワークロードがあるコンピューティングソリューションから別のコンピューティングソリューションに移行する場合は、アプリケーションのリファクタリングに  程度の工数が必要になる可能性があります。  

リソース

関連ドキュメント:

関連動画:

関連サンプル: