PERF05-BP05 パフォーマンスを高めるネットワークプロトコルを選択する - パフォーマンス効率の柱

PERF05-BP05 パフォーマンスを高めるネットワークプロトコルを選択する

ワークロードのパフォーマンスに対する影響に基づいて、システムとネットワーク間における通信のためのプロトコルを決定します。

スループットの達成には、レイテンシーと帯域幅間の関係が関与します。ファイル転送で TCP を使用している場合は、高レイテンシーが全体的なスループットを低下させます。これを修正するアプローチには、TCP チューニングと最適化された転送プロトコルを使うものがあり、UDP を使用するものもあります。

一般的なアンチパターン:

  • パフォーマンス要件に関係なく、すべてのワークロードに TCP を使用する。

このベストプラクティスを活用するメリット: ワークロードコンポーネント間の通信に適切なプロトコルを選択すると、そのワークロードに対して最高のパフォーマンスを得ることができます。コネクションレス型 UDP は高速な対応を可能にしますが、再送信や高い信頼性は提供しません。TCP はフル機能のプロトコルですが、パケットの処理にはより大きなオーバーヘッドが必要です。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

ネットワークトラフィックを最適化する; ワークロードのパフォーマンスを最適化するために適切なプロトコルを選択します。スループットの達成には、レイテンシーと帯域幅間の関係が関与します。ファイル転送で TCP を使用している場合は、高レイテンシーが全体的なスループットを低下させます。レイテンシーを修正するアプローチには、TCP チューニングと最適化された転送プロトコルを使うものがあるほか、UDP を使用するものもあります。

リソース

関連ドキュメント:

関連動画:

関連サンプル: