パフォーマンスアーキテクチャの選択 - パフォーマンス効率の柱

パフォーマンスアーキテクチャの選択

多くの場合、ワークロード全体で最適なパフォーマンスを得るには、複数のアプローチが必要です。優れた設計のシステムでは複数のソリューションが使用され、さまざまな機能によってパフォーマンスが改善されます。

データ主導のアプローチを用いて、アーキテクチャのパターンと実装を選択し、コスト効率性に優れたソリューションを実現します。AWS ソリューションアーキテクト、 AWS リファレンスアーキテクチャ、および AWS パートナー は、業界知識に基づいたアーキテクチャを選択する支援を行うことができますが、アーキテクチャを最適化するには、ベンチマークまたは負荷テストを通じて得られたデータが必要になります。

アーキテクチャでは通常、アーキテクチャに関するさまざまなアプローチが組み合わされて使用されます (イベント駆動型、ETL、パイプラインなど)。アーキテクチャの実装には、アーキテクチャのパフォーマンスの最適化に固有の AWS のサービスが使用されます。以下のセクションでは、考慮すべき 4 つの主なリソースタイプ、つまりコンピューティング、ストレージ、データベース、およびネットワークについて説明します。