クライアントからの WorkSpace の管理 - Amazon WorkSpaces

クライアントからの WorkSpace の管理

WorkSpaces 用の Windows クライアントmacOS クライアントLinux クライアント のいずれかを使用している場合は、クライアントから次の管理タスクを直接実行できます。

注記

これらのタスクは、WorkSpaces 管理者が有効にしている場合にのみ実行できます。

認証情報の保存

クライアントアプリケーションの実行中に認証情報を再入力せずに WorkSpace に再接続できるように、認証情報 (ユーザー名とパスワード) を安全に保存するかどうかを選択できます。認証情報は RAM にのみ安全にキャッシュされます。この機能は、いつでも無効にし、再び有効にすることができます。

  1. WorkSpaces クライアントを開きます。

  2. クライアントのログイン画面で、必要に応じて [ログイン状態を保つ] チェックボックスをオンまたはオフにして、このオプションを有効または無効にします。

  1. WorkSpaces クライアントを開きます。

  2. クライアントのログイン画面で、歯車アイコン (Windows) または [オプション] メニュー (macOS) を選択し、[詳細設定] を選択します。

  3. 必要に応じて、[このアカウントを記憶する] チェックボックスをオンまたはオフにして、このオプションを有効または無効にします。

パスワードの変更

WorkSpaces のログインパスワードはいつでも変更できます。

パスワードを変更するには

  1. WorkSpaces クライアントを開きます。

  2. クライアントのログイン画面で、[サインイン] ボタンの下にある [パスワードを忘れた場合] を選択します。

    注記

    [パスワードを忘れた場合] がログイン画面に表示されていない場合は、パスワードのリセットについて WorkSpaces 管理者に連絡し、サポートを依頼してください。

    [Forgot Password?] (パスワードを忘れた場合) は、AWS GovCloud (米国西部) リージョンではご利用いただけません。

  3. ユーザー名を入力し、イメージに表示される文字を入力します。

  4. [パスワードの回復] を選択します。

  5. パスワードリセットリンクが記載された E メールが送信されます。E メールに記載されている手順に従って、パスワードを変更します。パスワードは大文字と小文字が区別され、8〜64 文字の長さにする必要があります。パスワードには、次の各カテゴリから少なくとも 1 文字を含める必要があります。

    • 英小文字(a~z)

    • 英大文字(A~Z)

    • 番号 (0〜9)

    • アルファベット以外の文字 (~!@#$%^&*_-+=`|\(){}[]:;"'<>,.?/)

WorkSpace の再起動

WorkSpace で問題が発生した場合は、再起動できます。WorkSpace を再起動すると、使用中の WorkSpace から切断され、シャットダウンして再起動できるようになります。ユーザーデータ、オペレーティングシステム、システム設定には影響しません。このプロセスが完了するまでに数分かかります。

重要

変更内容が失われないように、WorkSpace を再起動する前に、開いているドキュメントやその他のアプリケーションファイルを保存してください。

WorkSpace を再起動するには

  1. WorkSpaces クライアントを開き、WorkSpace に接続します。

  2. [WorkSpaces]、[Restart WorkSpace] (WorkSpace を再起動) の順に選択します。

  3. WorkSpace の再起動を確認するメッセージが表示されたら、[再起動] を選択します。

  4. WorkSpace から切断された後も、クライアントアプリケーションのログイン画面は開いたままになります。WorkSpace にログインし直すか、画面を閉じることができます。

WorkSpace ディスクのサイズを増やす

WorkSpace のディスクサイズを増やして、ストレージ容量を追加できます。C: ドライブ (Linux の場合は /) のサイズは、管理者に連絡することなく、最大 175 GB まで増やすことができます。同様に、D: ドライブ (Linux の場合は /home) のサイズは、最大 100 GB まで増やすことができます。これらの制限を超えてドライブを増やす必要がある場合は、管理者にドライブのサイズを増やしてもらう必要があります。

管理者が WorkSpace を最近作成した場合、WorkSpace のディスクサイズを増やすには 6 時間待つ必要があります。その後、6 時間に 1 回の割合でディスクサイズを増やすことができます。

C: ドライブと D: ドライブのサイズを同時に増やすことはできません (Linux の / ボリュームと /home ボリュームについても同様です)。C: ドライブ (Linux では /) を増やすには、まず D: ドライブ (Linux では /home) を 100 GB に増やす必要があります。D: ドライブ (Linux では /home) を増やした後で、C: ドライブ (Linux では /) を増やすことができます。

WorkSpace のディスクサイズを増加中でも、WorkSpace でほとんどのタスクを実行できます。ただし、WorkSpace のコンピューティングタイプの変更、WorkSpace の実行モードの切り替え、WorkSpace の再構築、WorkSpace の再起動を行うことはできません。ディスクサイズの増加プロセスには、最大で 1 時間かかる場合があります。

重要
  • サイズ変更できるのは SSD ボリュームのみです。

  • WorkSpace のディスクサイズを増やすと、組織が WorkSpace に対して支払う金額が増えます。

WorkSpace のディスクサイズを増やすには

  1. WorkSpaces クライアントを開き、WorkSpace に接続します。

  2. 使用しているクライアントに応じて、以下のいずれかを実行します。

    使用しているクライアント 操作

    3.0 以降のクライアント

    [設定]、[ディスクサイズを増加] の順に選択します。

    1.0 以降または 2.0 以降のクライアント

    [WorkSpace]、[ディスクサイズを増加] の順に選択します。

  3. [ディスクサイズを増加] ダイアログボックスに、C: ドライブと D: ドライブ (Linux では / および /home) の現在のディスクサイズが表示されます。ディスクサイズの増加を続行すると、ストレージの増加量も表示されます。

  4. ディスクサイズの増加を続行するには、[増加] を選択します。

  5. ディスクサイズの増加プロセスに関する情報が表示されます。情報を確認して [閉じる] を選択します。

  6. ディスクサイズの増加が完了したら、WorkSpace を再起動して変更を反映する必要があります。WorkSpace を再起動する前に、すべての開いているファイルを保存します。

WorkSpace のコンピューティングタイプの変更

WorkSpace のコンピューティングタイプを変更して、WorkSpace 用の別のバンドルを選択できます。管理者が WorkSpace を最近作成した場合は、WorkSpace のコンピューティングタイプを変更する前に 6 時間待つ必要があります。その後、6 時間に 1 回の割合でより大きいコンピューティングタイプに切り替えるか、30 日間に 1 回の割合でより小さいコンピューティングタイプに切り替えることができます。

WorkSpace のコンピューティングタイプの変更が進行中の間は、WorkSpace から切断されます。この間、WorkSpace を使用したり変更したりすることはできません。このプロセスには最長で 1 時間程度かかることがあります。

重要
  • 変更内容が失われないように、WorkSpace のコンピューティングタイプを変更する前に、開いているドキュメントやその他のアプリケーションファイルを保存してください。

  • WorkSpace のコンピューティングタイプを変更すると、組織が WorkSpace に対して支払う金額が変わります。

WorkSpace のコンピューティングタイプを変更するには

  1. WorkSpaces クライアントを開き、WorkSpace に接続します。

  2. 使用しているクライアントに応じて、以下のいずれかを実行します。

    使用しているクライアント 操作

    3.0 以降のクライアント

    [設定]、[コンピューティングタイプを変更] の順に選択します。

    1.0 以降または 2.0 以降のクライアント

    [WorkSpace]、[コンピューティングタイプを変更] の順に選択します。

  3. [コンピューティングタイプを変更] ダイアログボックスに、WorkSpace の現在のコンピューティングタイプが表示されます。リストから別のコンピューティングタイプを選択し、[更新] を選択します。

  4. コンピューティングタイプの変更プロセスに関する情報が表示されます。情報を確認して [更新] を選択します。

WorkSpace の実行モードを切り替える

WorkSpace を常に実行状態にするか、非アクティブな状態が一定時間続いた後で停止するかを指定できます。WorkSpaces では、次の 2 つの実行モードを選択できます。

  • AlwaysOn — WorkSpace を常に実行状態にします。

  • AutoStop — サインイン時に WorkSpace を起動し、非アクティブ状態が一定時間続くと WorkSpace を停止します。WorkSpace が停止すると、アプリとデータの状態が保存されます。

注記

WorkSpace の実行モードを切り替えると、組織が WorkSpace に対して支払う金額が変わります。

  1. WorkSpaces クライアントを開き、WorkSpace に接続します。

  2. [設定]、[実行モードを切り替え] の順に選択します。

  3. [実行モードを切り替え] ダイアログボックスで、別の実行モードを選択し、[切り替え] を選択します。

  4. 選択を確認するメッセージが表示されます。メッセージボックスを閉じます。

  1. WorkSpaces クライアントを開き、WorkSpace に接続します。

  2. [WorkSpace]、[実行モードを切り替え] の順に選択します。

  3. [実行モードを切り替え] ダイアログボックスで、別の実行モードを選択し、[切り替え] を選択します。

  4. 選択を確認するメッセージが表示されます。[Close] を選択します。

WorkSpace の再構築

WorkSpace で実行されているオペレーティングシステムを元の状態に復元するには、WorkSpace を再構築できます。

WorkSpace で発生している問題を解決するために WorkSpace を再構築する場合は、まず再起動してみます。WorkSpace を再構築すると、インストールしたアプリケーションと WorkSpace の作成後に設定したシステム設定のすべてが失われます。

WorkSpace を再構築すると、D: ドライブが最新のバックアップから再作成されます。バックアップは 12 時間ごとに実行されるため、データは最長で 12 時間前のものである可能性があります。管理者が WorkSpace を最近作成した場合は、WorkSpace を再構築する前に 12 時間待つ必要があります。

重要

データが失われないように、WorkSpace を再構築する前に、すべての開いているドキュメントやその他のアプリケーションファイルを保存し、WorkSpaces 管理者に連絡して D: ドライブのバックアップが完了していることを確認してください。

WorkSpace の再構築中は、WorkSpace から切断されます。この間、WorkSpace を使用したり変更したりすることはできません。再構築プロセスには最大で 1 時間かかることがあります。

WorkSpace を再構築するには

  1. WorkSpaces クライアントを開き、WorkSpace に接続します。

  2. 使用しているクライアントに応じて、以下のいずれかを実行します。

    使用しているクライアント 操作

    3.0 以降のクライアント

    [設定]、[WorkSpace を再構築] の順に選択します。

    1.0 以降または 2.0 以降のクライアント

    [WorkSpace]、[WorkSpace を再構築] の順に選択します。

  3. [WorkSpace を再構築] ダイアログボックスで、情報を確認します。再構築を続行する場合は、[再構築] を選択します。