Amazon ECS アプリケーションを作成する - AWS X-Ray

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon ECS アプリケーションを作成する

xray-ecsブランチで、Scorekeep サンプルアプリケーションは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で動作するアプリケーションを作成する方法を示しています。ブランチでは、AWS Elastic Beanstalk のマルチコンテナの Docker 環境で Docker イメージを作成、アップロード、実行するためのスクリプトと設定ファイルが提供されています。

このプロジェクトには、API、フロントエンド、および X-Ray デーモンコンポーネント用のコンテナイメージを定義する 3 つの Dockerfiles が含まれています。

  • /Dockerfile— Scorekeep API。

  • /scorekeep-frontend/Dockerfile— Angular ウェブアプリケーションクライアント、および着信トラフィックをルーティングする nginx プロキシ。

  • /xray-daemon/Dockerfile— X-Ray デーモン。

X-Ray デーモン Dockerfile は、X-Ray デーモンを実行する Amazon Linux に基づいてイメージを作成します。Docker Hub で、完全なイメージ例をダウンロードします。

例 ドッカーファイル — Amazon Linux

FROM amazonlinux RUN yum install -y unzip RUN curl -o daemon.zip https://s3.us-east-2.amazonaws.com/aws-xray-assets.us-east-2/xray-daemon/aws-xray-daemon-linux-3.x.zip RUN unzip daemon.zip && cp xray /usr/bin/xray ENTRYPOINT ["/usr/bin/xray", "-t", "0.0.0.0:2000", "-b", "0.0.0.0:2000"] EXPOSE 2000/udp EXPOSE 2000/tcp

同じディレクトリ内の makefile は、イメージを構築し、Amazon ECR にアップロードするためのコマンドを定義し、をローカルで実行する

Amazon ECS でコンテナを実行するために、ブランチには、Dockerrun.aws.jsonファイルで、Elastic Beanstalk のマルチコンテナの Docker 環境にデプロイできます。-テンプレートスクリプトが使用するタスク定義を記述する方法を示しています。Amazon ECS 内のコンテナ間のネットワーキング

注記

Dockerrun.aws.jsonは、Amazon ECS タスク定義ファイルの Elastic Beanstalk バージョンです。Amazon ECS クラスターを作成するために Elastic Beanstalk を使用しない場合は、Dockerrun.aws.jsonファイルを削除して、Amazon ECS で直接実行するAWSEBDockerrunVersionキーを使用します。

フレームワークの使用の詳細については、ブランチREADMEScorekeep を Amazon ECS にデプロイする方法については、を参照してください。