メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Amazon Kinesis Analytics ApplicationReferenceDataSource ReferenceDataSource

ReferenceDataSource プロパティタイプでリファレンスデータソースを指定するには、ソース情報 (Amazon S3 バケット名およびオブジェクトキー名)、作成されているアプリケーション内のテーブル名、Amazon S3 オブジェクトのデータ要素をアプリケーション内のテーブルにマッピングするのに必要なスキーマを提供します。

ReferenceDataSourceAWS::KinesisAnalytics::ApplicationReferenceDataSource リソースのプロパティです。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

プロパティ

TableName

アプリケーション内に作成するテーブルの名前。

必須: いいえ

タイプ: 文字列;

更新に伴う要件: 中断はありません。

S3ReferenceDataSource

リファレンスデータを含む Amazon S3 バケットおよびオブジェクトを識別します。また、ユーザーに代わって Amazon Kinesis Analytics がこのオブジェクトを読み込むために引き受ける IAM ロールを識別します。

必須: いいえ

タイプ: Kinesis Analytics ApplicationReferenceDataSource S3ReferenceDataSource

更新に伴う要件: 中断はありません。

ReferenceSchema

ストリーミングソース内のデータ形式、アプリケーション内ストリームで作成されている対応カラムに対して各データ要素をマッピングする方法を記述します。

必須: はい

タイプ: Kinesis Analytics ApplicationReferenceDataSource ReferenceSchema

更新に伴う要件: 中断はありません。

このページの内容: