メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスストアボリュームのディスクパフォーマンスの最適化

Amazon EC2 でのディスクの仮想化方法が原因となり、ほとんどのインスタンスストアボリュームに対する最初の書き込みは、書き込みの場所にかかわらず、それ以降の書き込みより速度が遅くなります。ほとんどのアプリケーションでは、インスタンスの存続期間全体でこのコストを負担することは、許容範囲内です。ただし、高いディスクパフォーマンスを必要とする場合は、本稼働環境での使用の前に、ドライブのすべての場所に一度書き込みを行うことで初期化することをお勧めします。

注記

インスタンスタイプの中には、初期化を行わずに、起動時に最大限のパフォーマンスを発揮する直接アタッチされた Solid State Drive (SSD) および TRIM サポートを使用するものがあります。各インスタンスタイプのインスタンスストアについては、「インスタンスストアボリューム」を参照してください。

レイテンシーやスループットに関してさらに柔軟性が必要な場合は、Amazon EBS を使用することをお勧めします。

インスタンスストアボリュームを初期化するには、初期化するストア (例: /dev/sdb または /dev/name[0-7]n1) に応じて、次の dd コマンドを使用します。

注記

必ずドライブをアンマウントしてから、このコマンドを実行してください。

初期化には長い時間がかかる場合があります (エクストララージのインスタンスで約 8 時間)。

インスタンスストアボリュームを初期化するには、m1.largem1.xlargec1.xlargem2.xlargem2.2xlargem2.4xlarge インスタンスタイプで次のコマンドを使用します。

Copy
dd if=/dev/zero of=/dev/sdb bs=1M dd if=/dev/zero of=/dev/sdc bs=1M dd if=/dev/zero of=/dev/sdd bs=1M dd if=/dev/zero of=/dev/sde bs=1M

すべてのインスタンスストアボリュームに対して同時に初期化を実行するには、次のコマンドを使用します。

Copy
dd if=/dev/zero bs=1M|tee /dev/sdb|tee /dev/sdc|tee /dev/sde > /dev/sdd

ドライブを RAID 用に構成すると、ドライブのすべての場所に書き込みを行うことで、ドライブが初期化されます。ソフトウェアベースの RAID を構成するときは、再構築の最低速度を必ず変更してください。

Copy
echo $((30*1024)) > /proc/sys/dev/raid/speed_limit_min