メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

インスタンスの再起動

インスタンスの再起動は、オペレーティングシステムの再起動と同等です。ほとんどの場合、インスタンスの再起動には数分しかかかりません。インスタンスを再起動すると、インスタンスは同じ物理ホスト上で保持されるため、インスタンスのパブリック DNS 名 (IPv4)、プライベート IPv4 アドレス、IPv6 アドレス (該当する場合)、およびインスタンスストアボリューム上のすべてのデータが保持されます。

インスタンスを再起動しても、インスタンスの停止と再起動とは異なり、新しいインスタンスの課金時間は開始されません。

再起動を必要とする更新の適用など、必要なメンテナンスのために、インスタンスの再起動を予定する場合があります。ユーザーが操作する必要はありません。予定されている時間帯に自動的に行われる再起動まで待つことをお勧めします。詳細については、「インスタンスの予定されたイベント」を参照してください。

インスタンスからオペレーティングシステムの再起動コマンドを実行する代わりに、Amazon EC2 を使ってインスタンスを再起動することをお勧めします。Amazon EC2 を使用したインスタンスの再起動では、インスタンスが 4 分以内に正常にシャットダウンを行わない場合、ハードリブートが実行されます。AWS CloudTrail を使用した場合は、Amazon EC2 を使用してインスタンスを再起動すると、インスタンスがいつ再起動されたかについて API レコードも作成されます。

コンソールを使用してインスタンスを再起動するには

  1. Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  3. インスタンスを選択し、[Actions]、[Instance State]、[Reboot] の順に選択します。

  4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Reboot] を選択します。

コマンドラインを使用してインスタンスを再起動するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。これらのコマンドラインインターフェイスの詳細については、Amazon EC2 へのアクセス を参照してください。